ピクシブ百科事典

嘘つき姫と盲目王子

うそつきひめともうもくおうじ

「嘘つき姫と盲目王子」とは日本一ソフトウェアのゲームソフトである。対応機種はPlayStation4、PlayStationVita、NintendoSwitchの三機種。2018年5月31日発売。
目次[非表示]

これはどこか異国のちいさな恋のお話。
化け物に襲われ、光を失った王子さまと、そんな彼が気になるお姫さま。
ふたりはお城を抜け出して、王子さまの目が治るよう、森の魔女へお願いしに旅立ちました。
でも、お姫さまには王子さまにはいえない秘密があるのです。

───本当のわたしでは、あなたに触れられない。

概要

日本一ソフトウェアが贈る、童話の絵本のようなグラフィックスと世界観が特徴のアクションアドベンチャーゲーム。しかし、ゲームが不得手な人間でもメインストーリーに専念できるよう、ゲーム部分はスキップ可能になるとのこと。

プレイヤーは、王子を襲う敵や道を塞ぐ障害物を排除できる「狼」と、狭い隙間を通ったり、目の見えない王子の手を引いて誘導し、簡単な指示ができる「姫」の二種類の姿を状況によって使い分けて、ゲームを進行する。

登場人物

このゲームの主人公。満月の夜に美しい声で歌を歌うのが大好きな、「狼」によく似た化け物。歌声に惹かれて近付いてきた王子を誤って傷つけ、視力を奪ってしまう。戦闘などで力を発揮できるが、「王子」を連れて歩くことなどが不可能になる。また、大柄な体格のため、天井が低い場所では変身できない。

前述の「狼」のもう一つの姿。歌声と引き換えに手に入れた姿ではあるが、奪われたのが「歌声」のみであったために、しゃべる (声を出す) ことはできる。「姫」になって王子を森の魔女のところへ連れて行き、王子の目を治して贖罪するのが目的。王子に自身の正体が「狼」だと発覚するのを恐れており、「姫」の姿でないと王子に触れる事が出来ない。王子には自身を「隣国の姫」と身分を偽り、正体を隠している。「姫」の状態では戦闘は出来ず、障害物を取り除く事も出来ない。また、月の光を浴びてしまうと強制的に「狼」に戻ってしまう。

  • 王子
「狼」に視力を奪われた王子。怪我で傷物となった王子を忌み嫌う王族たちの手により、塔に幽閉されてしまう。そこへ塔へやってきた「姫」の手によって連れ出されることになった。自分の視力を奪った存在「狼」を恐れているが、大怪我した日の夜に聴いた歌声の主とは気付いてない。
盲目のため自律行動ができずNPCであるが、彼にしかできない種類の行動がゲーム中には存在するため、その際には「姫」の命令によって動かすこととなる。

  • 魔女
どんな願いも叶えてくれるという、森の魔女。ただし、願いを叶えるには自分の大切にしている物を代償に捧げる必要があるという。「狼」は自身の美しい歌声を代償にし、その対価として魔女から「姫」に変身する力を授かった。森のどこかで手に入る「花」を「王子」に差し出せば、お礼に魔女にまつわる言い伝えを話してくれる。「花」をすべて集めて「王子」から言い伝えをすべて聞き終われば魔女の正体が明らかになるとの事だが・・・。

関連イラスト

二人だけの舞踏会
本当のわたしでは、あなたに触れられない…


嘘吐き姫と盲目王子
嘘つき姫と盲目王子


姫と王子
嘘つき姫と盲目王子



関連動画





キャスト


関連サイト

pixivに投稿された作品 pixivで「嘘つき姫と盲目王子」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 276239

コメント