ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

ボンバーマンが敵対する事になる組織の幹部として登場する。「爆ボンバーマン」「爆ボンバーマン2」のいずれでも、高い戦闘力を誇り、最強を目指す戦士として描かれる。

爆ボンバーマン

ボンバー星に侵略に来たアルタイルの配下である幹部《マスカー三人衆》の1人。

氷と雪のステージ《ホワイトアイス》にてボンバーマンと初対面する。氷柱の頂から徒手空拳を見せつけ、ボンバーマンの行く手を塞ぐべく戦いを仕掛ける。肉弾戦が好みらしく、戦闘ではボムを殆ど使わない。常にボンバーマンと平行距離を取り、体を光らせてからの突進を狙う。これに当たると徒手空拳で葬られることになる。
ボンバーマンを「ザコだと思って甘く見ていた」ようで、戦いに負けるとリベンジを予告して逃亡する。マスカー三人衆の残り二人とは違い、明確に生き延びる描写をされる。

ボンバーマンがアルタイルを倒すと、戦場に現れ消耗したアルタイルを抱えて逃亡する。

真エンディングルートだと、この際にシリウスからの不意打ちを受けてステージ外へ落下、生死不明となる。しかしその後、《レインボーパレス》にてシリウスと戦うボンバーマンがピンチに陥った際にかけつけ、コズミックキューブを拳の連打で破壊。シリウスを無敵化させていたコズミックキューブの空間を消し去った。激昂するシリウスを嘲りながら、ボンバーマンとタッグを組んで最終決戦へと臨む。
この時は彼も本気であり、徒手空拳でしとめるようなこだわりはしない。自滅も厭わないほどの猛烈なボムラッシュによる攻撃でシリウスへのダメージを狙い、シリウスの音速の突撃も彼が身代わりになることがほとんど。頼もしい限りだが、その分放っておくと体力があっという間に底を尽きてしまう。ゴールドカード取得の条件の一つに「レグルスが戦闘不能になっていない」というものがある為、完全クリアを目指す場合はサポートしてやらなければならない。HPはシリウスより高いのだが、シリウスが無敵化する光線を放ってる最中でもお構い無しに突撃してしまう為、ガンガンHPを削ってしまう。わくわくモードでは飛び出るハートを彼へ投げつける事で延命させる事が出来る(彼もシリウスが落とすハートを積極的に拾いに行くなど、少しは賢く立ち回る)。
どきどきモードではハートが飛び出ない為、なるべく速くシリウスを倒すか、レグルスが不要な突撃をしてしまわないよう敢えてボムキックを当てて気絶させるなどの手を使う必要がある。

シリウスを倒した後、崩壊するレインボーパレスからボンバーマンを担いで脱出し、安全な地帯まで連れて行ってくれる。そこでボンバーマンの実力を認めつつも、仲間ではなくライバルと言い放ち、いつか決着をつける事を宣言して飛び去る。

爆ボンバーマン2

「爆ボンバーマン」から暫く経過した後の舞台。こちらでは星々を吸い込む人工ブラックホールを作り出しているBHB団の幹部《時空の七騎士》の一人となっている。レグルスの名は捨ててあり、《闇の吐息》ベルゼバルを名乗るようになっている。しかし、最強を目指すという信念は変わっていない模様。なお他の時空の七騎士はBHB団の総帥ルキフェルスに洗脳を受けているようだが、ベルゼバルは洗脳されているフリをしているだけであり、自らの意志でルキフェルスに従っていた。その為、物語の終盤ではルキフェルスに反意を示し、戦いを仕掛けている。

《時空の七騎士》の中では最強と認識されているようで、男性全般を見下している《浄化の光》ゾニアでも彼のことだけは認めていた。
反面、ベルゼバルはゾニアの事は眼中にないらしく、彼女がボンバーマンとの戦いの中で相打ち狙いの大技を放とうとした時にはそれを止め、恨み言を吐くゾニアを躊躇なく暗黒球で葬っている。

ボンバーマンとは、彼の持ち場である《流刑惑星デススター》で再戦を果たす。しかしこの戦いは女神ミハールによって止められる。ベルゼバルが洗脳されていないことを察知しているミハールに《セブンエレメンタルナイツ》の「レグルス」として目覚めるように促されるも、彼はそれを拒絶。逆にミハールが憑依しているリリーに対し、女神の言う事が必ずしも正しいとは限らない事、自分の意志で戦うことの重要性を説いていた。

その後、ボンバーマン達と別れ一人巨大戦艦ノアに戻り、総帥ルキフェルスに戦いを挑んだものの、ボンバーマンが到着した時には返り討ちにあった姿で見つかった。ベルゼバルは残された力をボンバーマンに託し、ルキフェルスを倒すように言うものの、目障りに思ったルキフェルスにより暗黒球に飲み込まれてしまう。

あわや助からなかったのかもしれないと思われるほどの暗黒球であったが、グッドエンドでは“ある力”によって無事に生還を果たす。全てが解決した彼は自らを「レグルス」と名乗り改め、最強となるまで戦い続けると宣言した。

強さ

ボンバーマンとの戦いでは、突進攻撃と闇の力の射出、即死の暗黒球と即死の突進という攻撃手段を取る。本作のボスの中で、即死攻撃を二つ持つのはベルゼバルだけである。また前作では使っていたボムはこちらでは一切使用しない。
戦いの場は上空であり、ステージ外に出ると落下で即死してしまう。この為、他のボス戦ではボンバーマン自身が被爆でダメージを受けない事で極めて安全な風ボムが、一転してハイリスクな攻撃手段となってしまう。またステージは比較的狭い上に、広範囲で展開しながらボンバーマンを追尾する即死の暗黒球によって移動幅を大きく下げられてしまうのも戦いを苦しくさせる。ベルゼバル自身は当然この暗黒球に影響を受ける事なく攻撃を仕掛けて来れるので、かなりシビアに間合いを取り続ける必要がある。

関連タグ

爆ボンバーマン アルタイル(爆ボンバーマン) シリウス(爆ボンバーマン) ボンバーマン
カペラ(爆ボンバーマン) ハウト
マスカー三人衆
爆ボンバーマン2 時空の七騎士

関連記事

親記事

マスカー三人衆 ますかーさんにんしゅう

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「レグルス(爆ボンバーマン)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1015

コメント