ピクシブ百科事典

レッグホルスター

れっぐほるすたー

拳銃を脚に携帯する為の装備。
目次[非表示]

概要

ホルスターの中でもポピュラーな部類のもの。
太腿に固定しており、アンクルホルスターなどの足の別の位置に固定するホルスターとの区別のためにサイホルスターが正式名称となっている。
基本的には腰のベルトから銃を吊り下げて支え、太ももにベルトで固定して揺れを防ぐ、という形。だがフィクションでは太もものみで固定するタイプも多くある。

手を自然な角度に保って銃を抜くことができるので早撃ちに向いており、腰回りの装備やボディアーマーとの干渉が少ないので重装備向けでもある。しゃがんだ状態でも抜きやすい。
こうした利点から軍隊警察特殊部隊で重宝されている他、現代の早撃ちマニアもこのタイプのガンベルトを使用していることが多い。

しかしながら銃のサイズ、重量によっては走る際に邪魔になり、疲れやすくなる。
そのため拳銃での即応がそれほど要求されない場合はヒップホルスターの方が合理的であり、一般的な制服警官はヒップホルスターを使っている場合が多い。現場の兵士にもヒップホルスターを好むものがいる。

フィクションにおいて

先述した通り早撃ち向きであることから、一時期西部劇ではレッグホルスター型のガンベルトが流行していたが、近年はリアリティを重視してヒップホルスター型のガンベルトを使用している作品が多い。コスプレの時はこのあたりも注目してみると良いだろう。

メイン画像のように、女性がスカートの下に装着している場合も多い。
大人びた女性がスカートをまくり上げて太ももをむき出しにする姿は非常にエロティックであり、硬質な銃器によって太腿の柔らかさがより強調される効果もある。おまけに視聴者の好みに関係なく太ももを注視せねばならないため、ともすれば太ももフェチを育成しかねない極めてけしからん装具である。

だが現実的に考えると、小型の拳銃に限られてしまうし、ベルトに吊れない都合太ももを強く締め付けねばならず、留め具に肌を挟んだり、過熱した銃身が肌に触れたりしかねないので発砲後の収納は危険、など難点がおおい。
ただ全く存在しないわけでもなく、スカート下への装着を想定しているらしきレッグホルスターも結構販売されている。
フィクションでは外腿への装着が大半だが、隠匿を目的にする場合は内ももへの装着が推奨される。

関連イラスト

信濃藤四郎
バイオハザード4



関連タグ

拳銃 デリンジャー ホルスター
峰不二子 チャイナドレス
獣電戦隊キョウリュウジャー アミィ結月
緋弾のアリア

pixivに投稿された作品 pixivで「レッグホルスター」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 460263

コメント