ピクシブ百科事典

ロウレス

ろうれす

漫画『SERVAMP』の登場人物。強欲の真祖。
目次[非表示]

ロウレスちゃんって気軽に呼んでねっ
誰も何にもなれやしない

プロフィール

通り名“唯一無二(ロウレス)”
身長176cm
外見年齢18歳
誕生日6月24日
星座かに座
好きな食べ物生ハム・チーズ
好きな飲み物エスプレッソのダブル
嫌いなもの肌荒れ
趣味ありとあらゆる種類のバイト・観劇
好きな色
日本の好きな街渋谷
CV木村良平


人物

サーヴァンプの7人兄弟の5番目、強欲の真祖。
名前は不明だったが本誌34話にて明らかになった。→後述のネタバレ参照。

主人であるリヒト・ジキルランド・轟のことを「天使ちゃん」又は「リヒたん」と呼ぶ。
日光を浴びるとハリネズミに変身する。

ハムレット」の一説を引用して初登場。

イヴになる人間には著名人ばかりを選ぶが、飽きるとイヴを殺してしまう。
性格はわがままで、リヒトのマネージャーであるクランツや、下位吸血鬼のギルデンスターンも手を焼いている様子。

関連タグ

SERVAMP / サーヴァンプ
リヒト・ジキルランド・轟 オフィーリア クランツ=ローゼン


過去(ネタバレ注意)











昔は、ある国の王女であるオフィーリアと契約していた。
吸血鬼だとバレて捕らえられ、王城のベランダにハリネズミの姿で吊されていたところで幼いオフィーリアに出会う。

契約して以降は、王城から抜け出したオフィーリアを連れ戻すなど、オフィーリアの世話係のような立場にあったようである。
オフィーリアに恋心を抱いており、同盟のため隣国の王子と政略結婚することになった際に激しく反対した。

後に戦争が国中に広がり囚われたオフィーリアの処刑前夜、彼女の部屋を訪れて亡命を提案するが、結局彼女の「国の平和が欲しい」という望みに反論できずその死を見届けた。
オフィーリアが処刑されたあとは平和を象徴する銅像として建てられた彼女の像に住み着いていたが、国を離れている間に、彼女が守った象徴であったその国をも滅ぼされたことによって、“この世のすべては総じて無意味だ”と思い込むようになる。



中立機関C3からの命令である、“ある人物”の殺害には反対派だった。
命令についての真祖たちの会議の間で、殺害に賛成したスリーピーアッシュ(クロ)に食って掛かった。


本誌34話にてリヒトが付けた名前がハイド(Hyde)と判明。

名前の由来は、リヒトの母姓であるミドルネーム「ジキルランド」の“ジキル”と、ロバート・ロイド・スティーブンソンの「ジキル博士とハイド氏」(原題; The Strange Case of Dr. Jekyll and Mr. Hyde)に掛けていると思われる。
なお、リヒト(Licht)は同時にドイツ語で「」を意味し、また「ジキル博士とハイド氏」のHydeは、英語のhide(意味は「隠す」「潜伏する」「隠れ場所」)とも掛けてある為、そちらも関係あると思われる。

pixivに投稿された作品 pixivで「ロウレス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1056450

コメント