ピクシブ百科事典

目次[非表示]

1.PSの乙女ゲーム『フェイバリットディア 純白の預言者』登場人物。
2.三浦建太郎のコミック作品『ベルセルク』の登場人物。

ロクス(フェイバリットディア)

無題


声:堀川りょう
ロクス・ラス・フロレス(イラスト右側)。銀髪で美形の青年。
主人公の天使(同左側)がスカウトする勇者の一人。
エクレシア教国リナレスの首都、アララスの聖職者。

表向きは聖職者らしく穏やかな語り口だが放蕩癖があり、借金の取立て相手に言葉を荒げたり、誰もいない場所では上司への悪態をつくなどの二面性を見せる。

ろくでなし


次期教皇として教会内でも重要人物とされていたが、金銭面の問題は教会も無視できず、半ば追放されるような形で旅に出させられた。

関連タグ

フェイバリットディア

ロクス(ベルセルク)

一騎討ち


イラスト左側。二つ名は『月光の騎士』ロクス。その異名通り三日月型の兜飾りがトレードマーク。
兜の下は、肩下までのウェーブの掛かった黒髪。彫りの深い顔立ちに鋭い眼の武人である。
幾多の決闘、御前試合で常勝の伝説を持ちながら、主を定めぬ遊歴の騎士として放浪していたが、現在はグリフィスの元、新生鷹の団の槍騎兵隊長として新兵の教導にあたっている。
若き貴族騎士、ミュール・ウォーフレイムが団を訪れた際にはソーニャと共に案内を務めた。

ロクス


彼自身も戦魔兵を率いる使徒であり、変身時は鎧と馬を取り込んで金属質のケンタウロスを思わせる『魔騎士形態』をとる。
使徒としての能力か、武器である騎兵槍は伸縮したり二又に分かれたりと変幻自在。
また部下の多くが同様の能力を持つ。
『蝕』の際にガッツの左手に食らいつき、彼が隻腕となる原因(ガッツが自ら腕を断ったので間接的ではあるが)となった使徒「ボルコフ」はロクスの部下の一人。

 己をはじめとした使徒が、本来は人間と敵対する外道の者である事を自覚しており、それゆえに「人の世界」の中で自分達に居場所を与えたグリフィスに心酔している。
 ガニシュカと対面した際には、初めこそ騎士と大帝という立場から礼節を持って接していたものの、使徒として叛意を確かめた後はガニシュカを「下種」と断じて戦いを挑んだ。
またリッケルトが旧知の仲であるとはいえグリフィスに手を上げた時は怒りを隠せず、その忠誠心の高さをうかがわせた。

2017年の新アニメ版第二期での声優は中村章吾
なお、中村氏自身は2016年の第一期からモブ役を多数演じている。

関連タグ

ベルセルク 使徒(ベルセルク) グリフィス

pixivに投稿された作品 pixivで「ロクス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 33215

コメント