ピクシブ百科事典

中井麗一

なかいれいいち

中井麗一とは、はやみねかおるによる推理小説「名探偵夢水清志郎事件ノート」シリーズに登場するキャラクターである。
目次[非表示]

責任感? そんなもの、おれにはないよ。おれは、亜衣のことを守りたい。―それだけだ。

概要

はやみねかおるによる「名探偵夢水清志郎事件ノート」シリーズの登場人物。

虹北学園に通う岩崎亜衣の同級生。通称レーチ。「知」性が「零」からきている。
夢水清志郎を尊敬しているらしく、自称夢水探偵事務所の第一助手。

文芸部に所属し、詩人を自称しているが作品を書いたことはない(曰く「おれの存在そのものが詩」)。
身長は標準より低め。
校則違反であるにもかかわらずかなりの長髪を輪ゴムで括っていたり、昼は屋上で寝たりしているため、亜衣を始めとする女子からは「野蛮人」とも呼ばれる。
学業の成績は良くないが、が悪いわけではなく、こと奇妙な事件に対する時は頭脳明晰と言われる。

漫画では短い金髪で、常にヘッドホンを身につけている。
身長も亜衣より高く、かなりの美少年。真衣美衣曰く「もてるらしい」。
教授を尊敬している描写はなく、ライバルとして敵視している描写が目立っている。

亜衣に好意を抱いており、最終的に告白したが明確な返事は貰っておらず、それどころか、デートの誘いに気付かない彼女の鈍感さに毎度毎度振り回されている。
他にも初対面の教授に「きみはレーチくんじゃない」と無茶苦茶な批評をされ、絶望したり(もっとも教授は別の意味があって言ったのだが)、亜衣に二人きりのデートに誘われたと思って意気揚々と駆けつけたが、何だか無関係な人が大勢いて絶望したり(居た堪れなくなった亜衣は後日、彼を二人きりのデートに誘っている)、男の友情恋心に板挟みにされたり、「荷物持ちが必要だから」という理由で教授たちとハワイへ同行したりと何気に上越警部に次ぐ苦労人である。
それでも、結局は好意を寄せる亜衣といっしょになっているため、結果オーライである。

3年生になると、亜衣の他に部内に最上級生がいないため、副部長に就いた。

中学卒業後の進路に関してはあまりよく考えていなかったが、最終巻の『卒業』では、武者修行のためにフランスの高校への留学を決意。『名探偵と封じられた秘宝』ではフランス留学の後日談が語られており、ウェドラゴというブルキナファソ出身の友人ができている。


関連イラスト

小説版

実行委員長


えぬえけい版

にまにま



関連タグ

名探偵夢水清志郎事件ノート
夢水清志郎
岩崎三姉妹
岩崎亜衣 岩崎真衣 岩崎美衣

はやみねかおる

pixivに投稿された作品 pixivで「中井麗一」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 11219

コメント