ピクシブ百科事典

何気ないマンボがサンバ師匠をきずつけた

なにげないまんぼがさんばししょうがきずつけた

「何気ないマンボがサンバ師匠をきずつけた」とは、漫画『ポプテピピック』に登場する台詞である。

何気ない概要がサンバ師匠をきずつけた

元ネタはシーズン1の第5話(5-8)より、ポプ子の何気ないマンボでサンバ師匠が悲しい表情した時に出てきたモノローグ。

サンバとマンボは中東米のダンス・音楽という点では共通しているが、サンバブラジルの音楽でマンボキューバラテン音楽とそれぞれ異なっている。また、ブラジルのサンバではマラカスを使用される事は殆どない。そのため、サンバ師匠が悲しい表情をしてしまったのは当然と言える。

アニメ版では3話で『ボブネミミッミ』の2回目に登場しており、サンバ師匠が若干若くなってる。また、アニメ版の追加要素としてフラメンコ師匠が登場し、ピピ美の何気ないオーレに傷ついていた。オーレは本来は闘牛士やフラメンコの踊り手等に対して賞賛の意味を込めて言う掛け声であり、踊っている本人が使うものではないため、傷つくのは当然である。オチでは傷つきあったサンバ師匠とフラメンコ師匠が結ばれた。

何気ない関連タグがフラメンコ師匠をきずつけた

ポプテピピック ボブネミミッミ
サンバ マンボ フラメンコ オーレ

ご当地三点倒立・・・原作で同じ回にあったネタ。こちらもボブネミミッミのネタとして登場した
いやよくみたらクソむかつく・・・アニメ版でで同じ回にあった台詞

pixivに投稿された作品 pixivで「何気ないマンボがサンバ師匠をきずつけた」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 50654

コメント