ピクシブ百科事典

目次[非表示]

曖昧さ回避

  1. ラテン音楽の一種で、1930年代にキューバで生まれた音楽とダンスのスタイル。※この項で解説
  2. 駄菓子の一種で、酸を抜いた棒状のラムネである。別名マンボ菓子という。
  3. 不思議な姿の魚マンボウをモチーフにしたキャラクターにつけられる名前。
  4. ゲーム『バンジョーとカズーイの大冒険』の登場キャラクター。 →マンボ・ジャンボ
  5. アメコミ『ティーンタイタンズ』に登場するマジシャンであるスーパーヴィラン
  6. 童話『ちびくろサンボ』の主人公サンボの母親。黒人になったのは海賊版からで、本来はインド人


マンボ(音楽)

キューバで流行していたルンバジャズの要素を加えて作られたジャンルで、1938年に発表されたオレステス・ロペスとカチャオ・ロペス作曲の「Mambo」が由来であるといわれる。

「Mambo」の語源はブードゥー教の女司祭を指す言葉で、『神との対話』という意味。
1940年代にペレス・プラードの楽団による演奏によって、世界中でダンスミュージックとして有名になった。

日本には進駐米軍の慰問楽団を通して伝わったといわれ、典型的なラテン音楽のイメージとして定着した。

陽気でノリのいい音楽として知られており、合いの手の「!」で有名な『マンボNo.5』は定番の曲である。

関連タグ

ルンバ ジャズ サンバ サンボ サルサ 

たこやきなんぼマンボ 
何気ないマンボがサンバ師匠をきずつけた

高橋大輔:演技曲にマンボを用いるフィギュアスケート選手。
美空ひばり:『お祭りマンボ』という持ち歌がある。
スネ夫:「おぼっちゃマンボ」というエピソードがあり『スネ夫のおぼっちゃマンボ』という歌を歌う。
ココナッツサンバ:監督の勘違いで技の最後に「う~、マンボ!」と叫ぶ。
イタダキマン:主題歌が『いただきマンボ』。
サンサーラ・ナーガ2:延々と踊り続けるマンボウモンスターとして登場。ダンサー衣装の「さんばガラス」というモンスターもいる。
ファイナルファンタジー5ジョブ踊り子ガラフの衣装およびチョコボのテーマ曲が『マンボdeチョコボ』。
摩訶摩訶:身体に「No.5」と書いてある専用マンボ曲持ちマンボウモンスター『マンボナンバ5』が登場。
妖怪ウォッチ:妖怪コンブさんの必殺技が『コンブ・デ・マンボ』。
ストロング署長:得意技が『スーパーウルトラサンボマンボマーシャルアーツ』。

関連記事

親記事

曖昧さ回避 あいまいさかいひ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「マンボ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 30243

コメント