ピクシブ百科事典

信楽盾之

しがらきたてゆき

ゲーム『逆転検事2』に登場する弁護士である。
目次[非表示]

信楽盾之とは『逆転検事2』の登場キャラクターである。

人物像

第二話に登場する弁護士であり、以後の各話に登場する。
黒い帽子で茶色のシャツ、夏服では弁護士バッジをつけない趣味。女好きでしばしばハグをねだる悪癖がある。
敏腕弁護士とのことだが、飄々とした物腰で賢愚のほどが窺いしれなが、その腕前は確かであり警察検察の理不尽な捜査から依頼人を守ることに関しては、決して諦めない。

かつては御剣怜侍の父である御剣信弁護士の助手であり、ともにIS-7号事件の捜査を行っていた。
IS-7号事件の裁判が弁護側の敗訴で終わってしまった後、帰宅するために御剣親子と裁判所で別れた。しかしそれが信との最後の会話となり、その直後に起きたDL6号事件で信はある人物に殺されてしまった。信楽はあの時一緒に帰らなかったことを今でも後悔し続けている。
弁護士資格を取った直後の信楽は、残された御剣法律事務所の所長に就任し、その遺志を継いできた。事務所の名前を未だに御剣法律事務所にしているのも、御剣弁護士への尊敬の念からである。

不正捜査で御剣信と依頼人を苦しめた狩魔豪を憎んでおり、また彼の弟子となった信の息子御剣怜侍のことも裏切り者として憎んでいた。
しかし、怜侍の捜査姿勢を見て考えを改め、父の跡を継いでくれることを望むようになる。
普段は昼行燈を装っているが、時として鋭い交渉術や尋問テクニックを見せる。


関連イラスト

「おじさんに任せなさい」
「馬堂刑事、あなたも隠れてください」


報告



関連タグ

逆転検事 逆転検事2
御剣信 御剣怜侍

pixivに投稿された作品 pixivで「信楽盾之」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 285702

コメント