ピクシブ百科事典

天海一誠

てんかいいっせい

『逆転検事2』の登場人物(メイン画像左側)。

概要

逆転検事2』第3話に登場。
検事2から18年前の2000年12月24日に発生したIS-7号事件の被告人。当時39歳。
立派な体躯と彫りの深い顔にアフロヘアーが特徴で、物腰が丁寧で紳士的な人物。

18年前は世界一のパティシエと謳われた菓子職人で、お菓子作りの他に歌やダンスも得意。当時、助手の緒屋敷司と一緒に歌って踊りながらお菓子をつくる「ダンスイーツ」というTV番組で人気を博し、「テンカイチ」の愛称で親しまれていた。

しかし、事件当日、自宅で開催したお菓子コンテストの参加者の一人・氷堂伊作を殺害した容疑で逮捕され、事件の担当弁護士の御剣信と担当検事の狩魔豪との因縁の戦いが始まる。
当時は序審法廷制度がなかったこともあり、判決が出るまで一年かかり、その間に天海は違法同然の厳しい取り調べで、頭髪が真っ白に変わってしまうほどに疲弊してしまった上に「容疑を認めなければ緒屋敷司を真犯人として逮捕する」と脅されたことで、彼は虚偽の自白をしてしまう。
これによって弁護側の状況は一気に不利になってしまい、信の告発により、検察側の自白の強要が証明されたものの、裁判は天海が事件の共犯者であるという結末に終わり、真犯人が不明のまま幕を閉じる。

天海に有罪判決が下された後、別の事件で亡くなってしまった信の遺志を継いで、助手の信楽盾之が再審を申し出るが、聞き入れてもらえないまま真実は一旦闇に葬られることとなった。

天海は事件発生から18年が経ち、57歳となった現在も刑務所で服役しているが、特別に厨房の使用許可を得て所内でお菓子を作って看守や囚人たちに振る舞い続けており、今ではみな3時のおやつが楽しみになっているらしい。

関連タグ

逆転裁判・逆転検事シリーズキャラクター一覧
逆転検事2
緒屋敷司 風見豊 氷堂伊作 デリシー・スコーン
御剣信 狩魔豪

pixivに投稿された作品 pixivで「天海一誠」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2856

コメント