ピクシブ百科事典

風見豊

かざみゆたか

風見豊とは逆転検事2に登場するキャラクターである。
目次[非表示]

概要

逆転検事2』第3話に登場。18年前の年齢は36歳。
18年前に天海一誠が開催したお菓子コンテストの参加者の一人で、飴細工を得意としている。
左目に大きな傷があり、菓子作りにストイックでどこか古風な話し方をする。

独自の道具を巧みに操って飴を練り上げて立体的な飴細工を作り出すが、肝心のデザインセンスはイマイチ。IS-7号事件の後、西鳳民国に渡って3年間修行を積んだことでデザインの腕前が格段に上がり、遂には世界一のパティシエの座に登り詰めた。

そして18年後、IS-7号事件の現場でもあった十二星座美術館を訪れた際に有毒ガスを吸い込んで意識不明の重体に陥ったが、一命を取り留めている。
なお、息子が一人いるが、西鳳民国に修行に行く際に親子の縁を切ってしまっている。

関連タグ

逆転検事2
天海一誠 氷堂伊作 デリシー・スコーン












※この先、ネタバレがあります!















ネタバレ


IS-7号事件で氷堂伊作を殺害した真犯人にして逆転裁判シリーズの諸悪の根源

被害者の氷堂とは息子同士が同じ小学校に通っていた縁で面識があり、共にコンテストに参加し、裏で協力し合って菓子を作っていた。風見は菓子の味には自信があるがデザインが不得手であり、氷堂は菓子職人ではなく彫刻家だったため菓子の味は分からない。こうして、菓子の味付けは風見が行い、氷堂は菓子の造形を担当していた。しかし実は風見は当時味覚障害を患っており、味見は毎日会場に遊びに来ていた息子が担当していた。金に困っていた氷堂は、優勝賞品「究極のレシピ(中身は当時未発表だった新薬の調合書)」を欲し、決勝戦の直前に風見を裏切って風見の息子を監禁してしまう。優勝の名声以上に自らの味覚障害を治すためにも優勝賞品を欲していた風見は、天海の部屋に忍び込み、究極のレシピを盗み撮りして自分の味覚障害を治そうとする。しかし、その現場を氷堂に見られて黙っていてほしければ金を寄越せと恐喝され、口論の末に彼を撲殺。遺体を天海が作っていたチョコレート菓子の中に隠した。
その後、デリシーが天海の菓子をつまみ食いしたせいで遺体が発見されると、今度は氷堂が作っていた氷菓子の中に遺体を隠した。この氷菓子は天海の助手の緒屋敷司がそうとは知らずに持ち出して冷凍庫に保管しているのだが、そのせいで裁判では捏造された解剖記録が提出され、天海は有罪判決を受けてしまってる。なお、盗み撮りしたレシピにより、味覚障害は完治している。

18年後、IS-7号事件の現場となった天海の屋敷を買い取って美術館に改装した緒屋敷が氷堂の遺体を隠した氷菓子を展示することを知った風見は美術館に足を運んで証拠の隠滅を試みるのだが、緒屋敷の仕掛けた罠にはまって有毒ガスを吸い込み、意識不明の重体に陥った。
意識を取り戻した後、御剣怜侍によって18年前の犯行を暴かれるのだが、既に時効が成立していることを理由に氷堂伊作殺害をすんなりと認めた(ゲームが発売された当時、殺人事件には15年の時効が存在した)。
このまま罪を逃れるかと思いきや、天海が真犯人の共犯者として有罪判決を受けたことを知らなかった風見は、把握していたはずの時効が停止する条件(※)に躓いてしまい、逮捕された。

氷堂の側にも多分に非があったとはいえ、風見は氷堂殺害に関して全く反省しておらず、加えて行方不明の息子を心配するどころかの親子の縁を平然と切るなど、人としても父親としても見下げ果てた人物と言える。その息子は事件から18年後、自分の人生を狂わせた人物たちへの復讐に走ることになる。
ただし、お菓子職人としての求道の姿勢だけは本物であったようで、お菓子職人として尊敬していた天海が疑われることを避けようと、デリシーの作品に証拠品を紛れ込ませるといった小細工もしている。
風見が氷堂を殺しかつ証拠に細工したIS-7号事件は、担当検事・狩魔豪に忠実な初動刑事による天海逮捕をもたらし、天海の弁護を担当した御剣信と狩魔検事との長い戦いの原因になった。風見の工作によって証拠がないままの裁判は狩魔側による自白強要をもたらし、その結果は狩魔の処分と御剣信の殺害というDL6号事件の原因となった。これによって多くの人物の人生が狂ったのも周知の通り、それゆえ風見は“諸悪の根源”である。

※犯人が国外へ逃亡している場合及び共犯者に判決が下るまでの間、時効が停止する。この場合、風見が西鳳民国に修行に行っていた3年と天海に判決が下るまでにかかった1年、計4年が15年に加算され、IS-7号事件の時効は19年となる。

pixivに投稿された作品 pixivで「風見豊」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 13480

コメント