ピクシブ百科事典

氷堂伊作

ひょうどういさく

『逆転検事2』の登場人物。
目次[非表示]

概要

逆転検事2』第3話に登場。
本作から18年前に発生したIS-7号事件の被害者。享年38。
天海一誠が自分の屋敷で開催したお菓子コンテストの参加者の一人で、美しい氷菓子の彫刻でコンテストの決勝戦に駒を進めたが、天海が作ったチョコレート菓子の中にて撲殺死体となって発見された。
この事件によって天海は氷堂殺害の容疑で逮捕され、冤罪に苦しめられることとなる。

関連タグ

逆転裁判・逆転検事シリーズキャラクター一覧
逆転検事2
天海一誠 風見豊 デリシー・スコーン








ネタバレ





※この先、ネタバレがあります!


















彼の本当の正体は、フランスポール・ホリックという名前で活動していた彫刻家である。

また、金にどん欲な人物としても有名であり、お菓子コンテストに出場したのは優勝商品である究極のレシピを売って金に換えるためである。

風見とは息子同士が同じ小学校に通っている縁で面識があり、コンテストでは風見が菓子の味付けを、氷堂がデザインを担当して影で協力し合って菓子を作っていた。
しかし、決勝の直前になって氷堂は風見を裏切り、彼の菓子の造形を拒否した上に風見が味覚障害を患っていたことを知ると、それをネタに風見を強請ることまで画策する。更に風見と口論になり彼に暴行を加えた結果、風見から反撃を受けたというのがIS-7号事件の真相である。

また、風見の優勝を妨害するために味覚障害の父親に代わって菓子の味見をしていた彼の息子自分の息子に拘束させてもいた。

一応、被害者ではあるのだが、そもそも彼が裏切りさえしなければ事件は起きなかったわけで、ある意味逆転裁判シリーズにおける諸悪の根源とも言える人物である。具体的には、まず友人の氷堂に裏切られた風見は極度の人間不信に陥り、氷堂に拉致されて凍死寸前となった風見の息子も親友の氷堂の息子に裏切られたと考えて同様の人生観を持つようになり、逆転検事2の一連の事件に関わることとなる。氷堂の裏切りをきっかけに風見が起こしたIS-7号事件は、担当検事の狩魔豪と担当弁護士の御剣信との因縁を生み出し、多くの人物の運命を狂わせるDL6号事件へと発展することとなる。元はと言えば全て氷堂の裏切りから起こった悲劇である。

なお、記録では氷堂の遺体は解剖に回されたことになっているが、実際は風見が周囲の目を盗んで氷堂の作った氷菓子の中に遺体を隠した上に天海の助手の緒屋敷がそうとは知らずにその氷菓子をコッソリ持ち出して冷凍庫に入れてしまったため、裁判ではニセモノの解剖記録が提出されている。
そして18年後、氷菓子の中の氷堂の遺体に気づき、それを利用して真犯人をあぶり出そうとした緒屋敷司によって、御剣怜侍らに氷堂の遺体が発見されることとなる。

pixivに投稿された作品 pixivで「氷堂伊作」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1385

コメント