ピクシブ百科事典

倉敷世羅

くらしきせら

倉敷世羅とは『Z/X-Zillions_of_enemy_X-』の主人公の一人。
目次[非表示]

プロフィール

誕生日1月11日
星座山羊座
年齢9歳(小学4年生)
身長127cm
CV金元寿子


設定

赤の世界の主人公の一人。母親テレビ番組レポーター戦斗怜亜とは幼馴染み。

家族で埼玉から宮崎に疎開していたところに、大分でゼクス同士の戦闘が始まり山中に避難したところ、偶然見つけたオリハルコンティラノの卵をめぐりケット・シーに襲われたところを黒崎神門に助けられる(ついでにカードデバイスももらう)。以降、オリハルコンティラノから母親と認識されたため共に行動している。その後、名古屋で起きた「猫の恩返し」事件の最中に母親が行方不明になったため、彼女を探して彷徨っている。

その言動は幼い事もあってか、とにかく直感的。勉強が全て実技科目だけならいいのに、と自ら語るほど(しかし、勉学も運動も怜亜より秀でているらしい)。視聴していたテレビの影響か「ボコす」などの物騒な発言を特に考えずに口に出す。が大きな女性(学校の先生と、サッカークラブのマネージャーの小6)に男子(怜亜含む)が骨抜きにされた経験から、「むねにく」が大きな女性に対しての言動は特に苛烈になりやすい。

機械類はなぜか彼女が触れただけで壊れる為、マイスター(赤の世界の技術者集団なゼクス)達からは怖がられている。そのため、幼い頃から機械類に触れさせてもらえず、それが原因で更に機械を壊すという悪循環になっている。前述の母親捜索に至っては神門から「壊すから」と言う理由で携帯電話を与えてもらえず、公衆電話で彼と連絡を取る為、公衆電話を探すのに苦労している、との事。天王寺大和によると、彼女が彼の所に居候中に彼女によって壊れた物は、携帯端末、ノートパソコン、100インチテレビ、自動車、などなどで、おおよそ機械と呼べる物の殆どが彼女の被害に遭う模様。ついでに前述の母親探しとこれが組み合わさって青の世界の天敵となりうる存在。それは英雄達の戦記6で母親の手がかりを求めて名古屋へ向かった際に、ソリトゥスが穏便に収める手筈だったが警戒網に引っかかって戦闘になった結果獅子島・L・七尾に敗北し青の世界の基地に連行されたところ、基地内のあらゆる機材が彼女が触れただけで爆発した事で証明された(ソトゥミサ放送局より)。
しかし、カードデバイスは難なく使えている。

英雄達の戦記7の結果、七尾の奮闘のおかげで白の世界にてケットシーのマフィアに捕らえられてた母親を救出する事に成功した模様。

関連タグ

Z/X-Zillions of enemy X-

pixivに投稿された作品 pixivで「倉敷世羅」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 45594

コメント