ピクシブ百科事典

備中松山城

びっちゅうまつやまじょう

岡山県高梁市にあった城

備中松山城のある臥牛山は大松山、小松山、天神丸山、前山の4つの峠からなる山である。

鎌倉時代に秋庭氏が大松山に城を築いたとされ、その後高橋氏により小松山まで拡張されることとなる。

戦国時代には三村氏がさらなる拡張を施し、この城を「古松山城」と呼ぶ。


現在の備中松山城は毛利氏の支配時代から徐々に作られ、江戸時代に小堀氏、水谷氏の時代に改修が完了したとも言われている。
現存天守を持つ山城としては最も高い位置にある城とされている。

しかしながら江戸時代中期には流石に不便と言う事もあり、御根小屋と呼ばれる山麓の屋敷で政務を執ったとされる。

水谷氏が断絶した際には赤穂藩が松山城を受け取ることとなったが、この時城の明け渡しをスムーズに行ったのは後の赤穂浪士事件のリーダー大石内蔵助であった。

幕末の動乱の際には無血開城された。

日本三大山城のひとつ。

日本100名城にも認定されている。

pixivに投稿された作品 pixivで「備中松山城」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 983

コメント