ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

広島県庄原市にあるJR西日本で、1930(昭和5)年に芸備鉄道の「停留場」として開業したのち、国有化され庄原線の「駅」となり、路線名の改称を経て芸備線の駅となっている。三次鉄道部管理の無人駅である。

停留場として開業したため駅舎はなく、三次寄りからホームに直接入る形になる。

駅構造

1面1線の地上駅。内名駅とよく似た構造をしており中央に待合所があるが、便所は設置されていない。
公道から上り坂に伸びる細道の先に駅がある形であるが、公道からの分岐点に案内看板はなく、特に夏場は緑に覆われ非常に分かりにくい。存在を知らなければまさかその先に駅があるなんて夢にも思わないであろう。

利用状況

  • 2017(平成29)年度の1日平均乗車人員は2人である。駅名の数字より少ないとか言ってはいけない。


利用状況比較表

年度乗車人員
1981年(昭和56年)度18人
2002年(平成14年)度4人
2011年(平成23年)度3人
2012年(平成24年)度5人
2013年(平成25年)度9人
2014年(平成26年)度5人
2015年(平成27年)度2人
2016年(平成28年)度2人
2017年(平成29年)度2人


隣の駅

種別←三次方面当駅備後落合方面→
普通七塚駅備後三日市駅備後庄原駅


関連タグ

芸備線 広島県内の駅一覧

関連記事

親記事

広島県内の駅一覧 ひろしまけんないのえきいいちらん

兄弟記事

コメント