ピクシブ百科事典

目次[非表示]

曖昧さ回避

  1. 酔狂文庫:【ショートショート】僕の最愛の人】内のショート動画「僕の最愛の人
  2. 誰かにとって様々な最愛の人物


本項では1.について解説する。



















概要


2010年02月09日にニコニコ動画へ投稿された、小雨大豆と酔狂倶楽部制作【酔狂文庫:【ショートショート】僕の最愛の人】内のショート動画「僕の最愛の人

僕が悪いと思う殺しのネタバレ注意。





























僕の最愛の人

彼女は僕の最愛の女性である(メイン画像の女性)。
…しかし…彼女はもうこの世にいない…


なぜなら…僕が殺したのだから…

























彼女はごく普通の家に、少し体の弱い女の子として生を受けた。

幼い頃から愛嬌のあった彼女、そのコロコロとした笑顔は誰をも魅了した。

そんな愛らしさにくわえ、病弱な体と、一人娘という立場があれば、彼女の両親を親ばかにするには充分である。

彼女はほとんど家から出ることもなく、親からの愛情を一心に受け、鍾愛(しょうあい)と寵愛(ちょうあい)と溺愛の中、箱入り娘にすくすくと育っていった。

しかしどんな人間にも転機というものは訪れる…

彼女の上に降りてきたそれは、
真っ暗な闇のように人間を盲目にし、
心を惑わせ道を踏み外させる…もうりょうの罠…



それは…
だ。
























彼女の心を射止めた男は、よく行く本屋アルバイトをしていたフリーターの男。
欲しかった小説を取り寄せて貰ったのがきっかけで知らず知らずのうちに、
会えば挨拶する仲となり、
そこから世間話をする仲、
オススメの本を貸し合う仲、
デートする仲、
手をつなぐ仲と、
順当に階段を駆け上がっていき…

…そしてついには恋人となった…


























そんなどこにでもあるつまらない出会いではあったが、それでも二人はゆっくりとを深めあい、いつしか真剣に将来の事を考えるようになったのだった…


しかしその順風満帆と思えた恋にも大きな障害があらわれる。

…それは彼女の両親


最愛の娘が男とつき合うだなんて冗談ではない!


と、生意気な奴でまして相手はフリーター…
両親はどうにかして彼女の思いを変えてやろうと躍起になった。

しかしどんな意見も忠告も、彼女はツンとはねのけて、迷わず真っ直ぐな自らの意志で未来を選んだのだ。

育ってきた家よりも、愛してくれる両親よりも、今まで得てきたどんな幸せよりも何よりも…

彼女は、自分の内で産まれた愛を選んだのだ…



関連タグ

恋愛
愛してます
愛の歌








































それが全ての始まりで…

…全ての終わり…



そうして僕は…

…僕は……



と、彼女の半生を振り返った後「 彼女を殺すこととなる 」というのだが…

関連記事

親記事

子記事

コメント