ピクシブ百科事典

ホームにて

やくそくだぞ

あの頃のネタバレ注意。約束は、必ず守らなければならない。
目次[非表示]

曖昧さ回避

  1. ニコニコ動画へ投稿された、【酔狂文庫:【ショートショート】ホームにて】内のショート動画『ホームにて
  2. 中島みゆきが歌う楽曲タイトルの一つ「ホームにて」


本項では1.について記載する。


























概要

2010年02月25日にニコニコ動画へ投稿された、小雨大豆と酔狂倶楽部制作【酔狂文庫:【ショートショート】ホームにて】内のショート動画『ホームにて

忘れてはいけない、あの頃のネタバレ注意。





























ホームにて

夕焼け色のに、飛行機が…キラキラと煌めきながら飛んでいた。


夕陽色に染まる、遠くで鳴る汽笛を聞きながら列車を待つ人物がいた。
彼は一人、白いため息を吐きー

はぁ~あ、結構勉強したんだけどなぁ…。

寂しい独白を漏らす。
彼の生まれ育ったこの村は、回りをぐるりと山に囲まれた、どこにでもあるような典型的な田舎。そこは電話出来るのが奇跡だと思うような、田んぼしかない田舎だった。

そんなの中に、ちょこんと生えた駅のホーム。
そこで一人、列車を待っている彼。大学進学を希望していたが、勉強の甲斐も虚しく紙切れ1枚で彼のは終わりを告げた。

まあくよくよしていても仕方ないか…。
新天地でまた頑張り直せばいいさ。

と、遠くから響く汽笛の音を聞きながら、またも独り言を零した。目の前に広がる田んぼの海の中では、年老いた駐在さんがえっちらほっちらと自転車を漕いで進んでいる。
以前は「田舎、田舎…」と嘆いていた彼だが、ホームに立ってようやく名残惜しさが込み上げていた。

ギリギリにならないと気持ちが起きないのは試験勉強とおんなじだな…。

そんな田舎者のぼやきをブレーキ音がかき消し、目の前に列車が止まる。


これでサヨナラなのかなぁ。


また故郷へ帰ってくる事を惜しみ寂しさを飲み込み、彼が列車のドアをくぐろうとしたその時…。



待って



列車に乗ろうとする男性を引き止める声がした。
振り向くとそこには…彼女(メイン画像のおかっぱ頭で制服を着た女性)がいた。


歳は彼の2つ年上で勝ち気な性格の彼女は、わがままで、男勝りで、意地っ張りで、それなのに変に面倒見が良くて…
彼が子どもの時から振り回すような人だった。



彼は何度……彼女の笑顔に救われただろうか。



そんな彼女に彼が振り回された、とある思い出ある。

。彼が受験勉強していると、こっそり彼女がおにぎりを作って差し入れしに来てくれた。でも、そのおにぎりはみんなバカみたいに大きかった。彼は彼女の小さな手で、どうやったらこんな大きなおにぎりを握れるのか、不思議で、不思議で、勉強に身が入らなかった。


というのは自分への言い訳で、彼女がまた来てくれるかどうか気になって、勉強に身が入らなかったっていうのが本当だった。


そんな気になる彼女が駅のホームに立っていた。



大丈夫。また戻って来るから。



目の前の女性に子どもの頃から振り回されてきた男がそう言うと、目の前の彼女は小さな包みを彼に投げつけ…



約束だぞ。



と、と一緒にポツリとこぼした。

笛の音が鳴り扉が閉まる。列車は一度低い唸り声をあげると、その大きな車輪をゆっくりと回し始めた。走り出す列車と、ホームに伸びる長い。そして、その影の中を置いてかれないように、必死に走る…女の人の姿。

列車に乗ったが窓から身を乗り出すと、ホームを走る彼女に向かって大きく叫んだ。


絶対、絶対戻って来るから。
私も、私も待ってる。



彼女は彼の2歳年上で、


ずっと…



勝ち気な性格の彼女に




ずっと、




彼は子どもの頃から振り回されぱっなしだった。





ずっと、待ってるから。






わがままで、男勝りで、意地っ張りで…

だから…




だから彼は…


だから、




そんな彼女が、























だから、戦争が終わったらちゃんと生きて帰ってきて!


……大好きだった。
























昭和18年12月1日。学徒出陣(がくとしゅつじん)の赤紙は彼の村にもやってきた。
大学進学への希望は、その紙切れ1枚で呆気なく散り、夢みる学生戦地に駆り出される事となった。

この知らせを受けた時、
自身の夢が潰えたのだと知った時、

当人を差し追いて一番初めに泣いてくれたのが…
彼女だった。

夢が破れ、戦場の中へ放り出されるのだと告げられ、男の頭の中は真っ白になった。でもそんな中、彼の代わりに泣いてくれた女性の横顔を見ていたら…不思議と男の心の中に覚悟満ちていた

夢を失った男だったが…
その時、そんな彼でも…どうしても失いたくない守りたい者が…出来たのだ。



列車の中で彼女がくれた包みを開けると、中から雑穀の混じったものや真っ白なおにぎりがゴロリと出てきた。

でも、相変わらず彼女が作るおにぎりは大きくて、ぼこぼこで、
そして、少し…しょっぱかった













昭和18年(1943年) 12月1日。学徒出陣(がくとしゅつじん)の赤紙は、彼の村にもやってきた。
そして、多くの学生が戦地へ…連れ出された。

列車の中から見る夕焼け色の空の中、
あの有名な飛行機はキラキラと…煌めきながら飛んでいた…。











関連事項

  • このショート動画と同年代にあたる、とある作品ではー

必ず生きて帰る』がもう一つの意味を持っていた。

自分にもしもの事別の形で帰ってきても、この場所で普通でまともな生活をして欲しいと願う場面がある。


  • このショート動画で明示された年月から数年後にはー
ある長い出来事がありながらも、その日あるお方お言葉により、長かった遠征終わりが告げられたその後全員ではないが自らの故郷へ帰れる事になった。


それは赴いた先経験した話を持って…
帰路を進み……大切な人が待つ家(ホーム)へ

そして、

やっと着いた場所に居る人へ、あの言葉を
ようやく戻ってきたあの人へ、その言葉を

送ったのかもしれない。














ただいま
おかえりなさい

pixivに投稿された作品 pixivで「ホームにて」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 125

コメント