ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

光の創造神ホルアクティ

ひかりのそうぞうしんほるあくてぃ

光の創造神ホルアクティとは、「遊戯王」に登場する存在及び、遊戯王OCGに登場するモンスター。
目次 [非表示]

「そして今、王ファラオの名の下に神を束ねる!!」

「光の創造神 ホルアクティ!!!」


概要

CV:深見梨加

遊戯王原作及びアニメでは「ファラオの記憶編」の最終決戦で登場。


アテムがファラオの名の下に三幻神を束ねることで誕生し、大邪神ゾーク・ネクロファデスを一撃で粉砕して宿命の戦いに終止符を打つ。

技名は「光創世(ジェセル)」。

三幻神とは異なり会話が可能で、アテムに「友と仲間の存在こそがゾークを倒せる力」と語りかけた。


原作やアニメではカードとしては登場せず、史実ではホルアクティを召喚できなかったアテムが、闇RPG内で召喚に成功したのは、仲間たちとの結束の力を発揮できたからこそ。

(なお、史実の闇の大神官戦ではオベリスクの巨神兵のみを使用し、ゾークも完全復活していなかった)。


「ホルアクティ(Harakhti)」の原義は、昇る太陽が神格化されたエジプトの神で、天空と太陽の神ホルスの姿の一つ。

原作者の高橋和希氏によると「母性」を象徴したキャラクターで、文字通りの神そのものらしい。


効果テキスト

効果モンスター

星12/神属性/創造神族/攻 ?/守 ?

このカードは通常召喚できない。

自分フィールド上の、元々のカード名が「オシリスの天空竜」

「オベリスクの巨神兵」「ラーの翼神竜」となるモンスターを

それぞれ1体ずつリリースした場合のみ特殊召喚できる。

このカードの特殊召喚は無効化されない。

このカードを特殊召喚したプレイヤーはデュエルに勝利する


解説

遊戯王OCGでは2009年にオベリスクの巨神兵、2010年にラーの翼神竜、2012年にオシリスの天空竜が雑誌付録として三幻神が揃ってOCG化。

原作終了から実に7年越しの2011年末~2012年初頭に開催されたプレゼントキャンペーンの景品として10000枚限定でカード化された。



通常召喚不可能、戦闘能力皆無である代わり、三幻神を生け贄とすることでフィールドに現れ、無条件で勝利するテキストを持つ。


通常召喚にリリースが3体必要な三幻神✕3を一気にフィールドに揃えることは事故要因になるが、戦闘を行う必要性がないので攻撃力・守備力に意味はない。

エクゾディアなどと同様、ルール上いかなる効果でもこのテキスト内容を無効化することはできず、フィールドに出た時点で勝利確定。

ロマンの前には瑣末な問題だろう。


ネックとなるのは特殊召喚ができないOCG版のラーの翼神竜ラーの翼神竜-球体形の登場で特殊召喚が可能にはなったが、(球体形をファントム・オブ・カオスでコピーできるとはいえ)これ以外は何とかリリース要員を確保しなければならないと、完全に足を引っ張っている。

かつては異次元からの帰還、ソウル・チャージでラー以外の三幻神とラーのリリース三体(もしくは墓地に球体形がある状態でファントム・オブ・カオス)を帰還・蘇生させて、その後にラーを(特殊)召喚して場にそろえる方法が一番手っ取り早かった。

現在はどちらも禁止カードではあるが、代わりにラーの召喚サポート・サーチを可能とするカードが登場しているため、そちらを活用して出すのが良いだろう。


またこのカードと三幻神は高レベルかつ特殊な属性・種族であるためサーチ手段が乏しく、手札に揃えるのも大変。元々の名前である必要があるため他のカードでの代用もきかず、総じてこのカードを主軸に据えたデッキは非常に扱いづらい。なお、属性サポートにおいては神属性専用のサーチカードが出ていたりはする。


そもそも現在、全世界で10000枚しかないこのカードの入手自体が困難であり、実戦向けというよりは記念碑的な意味合いの強いカードである。


関連タグ

遊戯王 遊戯王OCG 効果モンスター

三幻神 オベリスクの巨神兵 オシリスの天空竜 ラーの翼神竜

武藤遊戯 アテム

混沌幻魔アーミタイル

関連記事

親記事

創造神族 そうぞうしんぞく

子記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 64637

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました