ピクシブ百科事典

内臓姦

ないぞうかん

内臓に対する異物の挿入。特殊性癖等による動機が考えられる。

この項目にはR-18G的な表現が含まれます。







概要


本来、我々人間が同種と性を交わす場合、女性器に対する男性器の挿入が一般的だがこの場合性器以外の内臓。 つまるところあんなところこんなところに対し異物を挿入するのが内臓姦である。


こんなもので本当に快楽を得られるのか?という閲覧者諸君の疑問、さもありなんである。
少々極論だが、少なくとも人間の男性は指であれ足であれ性器に刺激を与えられれば多少なりとも快楽を覚える訳で、その為に使っているモノが自分のフェチズムやサディズムを満たすモノなら興奮を覚えるのは当然の心理である。
所謂リョナの典型例といえよう。

タグについて

2017/10/2現在、このタグがつけられた投稿物は性器との位置関係上や他の有名な器官には割と専用タグがあるという現実。 さらにこれの発展系としての使いやすさから主に腸を対象としている場合が多い。

なお、当然だが犯罪でありやられた側は十中八九死んでしまう為、実際にやってはならない。


関連タグ

R-18G 内臓 猟奇

コメント