ピクシブ百科事典

剣と脚に想いを乗せて

つるぎとあしにおもいをのせて

グランブルーファンタジーの期間限定イベントである。
目次[非表示]

概要

2016年5月開催の期間限定イベント。
今度のグラブルはほろ苦シリアスなラブストーリー。

参加すると、本イベント仕様のスタンが一時的に加入。何故か闇属性になっているが期待されていたSR昇格をもぎ取った。ついでにアリーザも恒常ガチャでSSRに昇格。
スタンは信頼度をマックスにすることでイベント終了後も編成可能になる。

ストーリー

帰省する事となったアリーザの実家におじゃまする事になった主人公とスタンたち。長い旅の中でお互いの中を親密にさせたアリーザとスタンはその先に進む事を母親のアリシアに打ち明ける。歓迎されるかと二人は胸を躍らせたが彼女の返答はNoであった。若さ、そして種族の違い等を理由に諭されるスタンはなんとかして母親に自分がアリーザに相応しい人間であるかを証明するために奔走し、おとぎ話で語られる伝説の花を求めて魔物の巣窟であるタルウィに向かう。しかしそこでスタンは、恐るべき病に罹ってしまうのであった…

登場人物

スタン(CV:増田俊樹
アリーザ(CV:高森奈津美
アリシア(CV:櫻井智
ドゥルジ(CV:乃村健次

関連タグ

グランブルーファンタジー グランブルーファンタジーのイベント一覧


NL GB スタアリ 人妻

























評価

実はそこまで良くはない。それもそのはずで、本イベントの問題となったのは諸問題にスタン及びが巻き込まれるものではなく、スタンが勝手に問題を作って主人公らを巻き込むという至極迷惑極まりない物だからである。上述のあらすじのように書けば聞こえがいいが、実際はスタンの身勝手に振り回される話である。簡単に説明すると

 スタンとアリーザとの関係を認められないと断じたアリシアに対して、おとぎ話で語られる黄金の花を獲ってくれば、自分が相応しいと証明できる(アリシアは断じた理由として生まれの違い等も挙げたが、何より種族の違い等についても挙げたのでそういう問題じゃない)と勝手に解釈してタルウィという危険地帯に入り込み、そこで不治の病を貰い、「このまま一人で死ぬのがアリーザのため」という謎解釈を起こして勝手に行方不明になり※、それを心配した主人公とアリーザがスタンを探しに行く事に
※補足すると、「アリーザのため」というのも初期の「アリーザを悲しませないため」から「アリーザの幸せのため」にブレてしまっている。

…という先生憤死モノの内容で、終わりこそ二人の距離はより縮まったが結局双方「結ばれるには早い」と思って関係自体は進まずに終わり、おとぎ話の主人公であったドゥルジが男らしく決めたおかげで後味自体は悪くならなかった面は、最後すら地獄だったロミジュリ二期よりはマシと言えるが、煮え切らない結末に、それらを差し引いても戦犯としか言いようのないスタンの行為と、後日談にあたるSRスタンのフェイトエピソードの内容では結局騎空団に戻っている事も評価がイマイチ。その後のイベントでは安易なキャラの死ネタを取り扱う事は減ったが、忘れたころに大惨事を引き起こした。この2つのイベントと上半期に開催されたカイオラの3つを挙げて2016年のグラブルのイベントストーリーは不漁の時期として扱われている。

ただし、アリシアというドラフの人妻やドゥルジという漢らしいキャラを産み出した面はかなり好評を得ている。

 このイベントで相当のヘイトを稼いだスタンの人気は当然ながら大きく下がった。しかし彼は、後の大イベントで漢を見せたはここで補足しておこう。ついでにSSR化フラグも密かに立っていた事も。

pixivに投稿された作品 pixivで「剣と脚に想いを乗せて」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 12258

コメント