ピクシブ百科事典

南斗翔鷲屠脚

なんとしょうしゅうときゃく

AC版格闘ゲーム版『北斗の拳』に登場する一撃必殺技。
目次[非表示]

概要

AC版『北斗の拳』においてシンが使用する一撃必殺奥義。
ちなみにこの奥義自体は原作には登場しておらず、AC版オリジナルの必殺技である。

南斗獄屠拳同様の飛び蹴り技で、獄屠拳よりも急斜角度の強烈な飛び蹴りで相手を蹴り上げる。
(この際、赤い稲妻のエフェクトが入る)
その後、両脇から現れた部下たちにダウンした相手を拘束させ、原作でケンシロウに七つの傷を付けた際と同様に、指突による処刑を開始する。

何本目に死ぬかな~?

余談

ちなみに原作において、シンは自身の流派である「南斗弧鷲拳」の名を口にしたことがないが
(元々、「南斗六聖拳」および「弧鷲拳」の設定自体が後付けのため)
この技の発動の際に初めて「南斗弧鷲拳奥義!」と名乗っている。

一部ではこの台詞が「なんと腰抜けの奥義!」と空耳されているとか。

前述の技の演出もあり、これを女性キャラであるマミヤに対して発動すると
身動きを取れなくしてからをプニプニしているように見えるため、
一部では「セクハラKING」と呼ばれている。

また、ラオウのような大柄な相手の場合、体格差のせいで
胸ではなく股間をツンツンしているように見えてしまう。

関連タグ

必殺技 
北斗の拳 シン KING テーレッテー
┌┤´д`├┐5様/中野TRF・同作のシン使いとして有名なプレイヤー)

pixivに投稿された作品 pixivで「南斗翔鷲屠脚」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 191916

コメント