ピクシブ百科事典

南斗孤鷲拳

なんとこしゅうけん

『北斗の拳』に登場する架空の拳法。
目次[非表示]

概要

南斗聖拳一〇八派の頂点とされる「南斗六聖拳」の一つ。
伝承者はサザンクロスの主・KINGこと「殉星」の宿命を背負う拳士・シン

じつは原作ではこの名称は登場していない
連載当初はまだ「南斗一〇八派」や「六聖拳」などの設定は構想されておらず、シンとの因縁も「北斗vs南斗」という構図であったため、「孤鷲拳」の冠名はいわゆる後付設定である。

そのため、当時のシンの流派も単純に「南斗聖拳」と紹介されていた。後に公式ガイドブック『北斗の拳 SPECIAL』にて初めてこの呼称が登場し、以降の派生作品でも使用されるようになった。

前述の経緯もあり、ケンシロウ北斗神拳と対を成す「外部からの破壊を目的とした拳法」という特色を強調する描写が多く、貫手による連撃や鋭い飛び蹴りなどで相手の体を貫くことに特化されており、後に登場する他の六聖拳に比べパワフルかつ荒々しい印象を受ける。

OVA『真世紀末救世主伝説 北斗の拳 ケンシロウ伝ZERO』では、シンの師である先代伝承者フウゲンや、かつてシンと伝承権を争った男・ジュガイが登場している。

奥義

原作

南斗獄屠拳

派生作品

南斗千首龍撃
南斗翔鷲屠脚

関連項目

北斗の拳
南斗聖拳 南斗六聖拳 拳法
シン(北斗の拳)

pixivに投稿された作品 pixivで「南斗孤鷲拳」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2898

コメント