2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

CV小林沙苗

概要

夏目貴志の母方の祖母
第一話の時点で故人であり、彼女自身は回想のみでの登場だが、長寿の妖や代々続く祓い屋などからは一種の伝説のように語られ、その死因も含め謎も多く、何より友人帳の作成者ということで、この作品の象徴のような存在である。

原作・アニメとも貴志と同じ色の長髪の女子高校生の頃の姿で、名前を出される時は総じて美しさと強さと武勇伝を聞くことになる。
貴志の外見と強い妖力は彼女譲りであり、家族縁には薄く親戚に預けられる身というのも同様。
ただし温厚な孫とは違い、売られた喧嘩はきっちり買い取り、売られなくとも勝負をしかける性格だったようで、妖からは好悪を含む様々な武勇伝があり、描写される表情も勝気なものが多い。
反面、口では「人も妖も嫌い」と言っており、実際に妖の絡んだ行動とその噂から疎まれていたが、鏡を望まれて快く与えたり、紛失した人形を届けに行ったりと心根の優しい面が端々に描写される。

また、当時まだ招き猫の姿をとっていなかった大妖のにも名を賭けた勝負を挑んだこともあったが断られており、ある程度の期間の交流はあった模様。
ニャンコ先生からの評は「ズボラ」「メチャクチャな女」
アニメではこの憎まれ口を額面通りに受け取ったのか、妖との約束を放置したオリジナル描写が幾度かあったが、原作はそのようなことはなく、ドングリの妖に「七辻屋の饅頭の方が美味しい」と協力を持ち掛け、後に買い与えるなどむしろ約束事は遵守している(自身が友人帳という契約書を作成していることからも自然である)
第6巻特別編6、アニメは第2期5話に登場した霧葉が、レイコに50年後に名前を返してもらう約束を果たすために孫の貴志のもとを訪ねていることから、生きれいればおそらく62〜68歳だと思われる(セーラー服を着るのは主に中高生のとき)

妖以外では少年時代の藤原滋と一時的に交流していたことがある。
何気ない会話から滋の家がタチの悪い妖怪に狙われたことを察し、これを退けたが真実を言えずに嘘を重ねることを厭い、自ら疎遠となった。
滋のことを当人は「お気に入り」と称していたが、貴志に「それは友だちっていうんだよ」と独白されたり、谷の妖のひだかと石蹴りをした時にルールを知らないと答えたり、回想の彼女は不遜な笑顔と孤独が常にある。

余談

原作者の緑川ゆき氏によると、主人公の祖母というレイコの設定については「セーラー服のおばあちゃんが可愛いと思ったから」と「母親では貴志がマザコンのようになってしまう」とのことである。

関連イラスト

レイコ
夏目レイコ


なんと短い
私の友人だち



関連タグ

夏目友人帳
表記ゆれ:レイコ

関連記事

親記事

夏目友人帳の登場人物一覧 なつめゆうじんちょうのとうじょうじんぶついちらん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 846569

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました