ピクシブ百科事典

田沼要

たぬまかなめ

田沼要とは、漫画・アニメ『夏目友人帳』のキャラクター。
目次[非表示]

プロフィール

誕生日9月17日
年齢15歳
身長171cm
血液型O型
家族父(住職)
一人称おれ
cv堀江一眞


概要

夏目貴志の後に1組に転校してきた同級生で友人。
父と共に八ツ原の古寺に住む。
大人びて思慮深く控えめな性格だが、登場時は不穏な演出も相まってこの人系と思われた。
夏目が自分の妖力を明かした初めての友人であり、その後のつきあいからニャンコ先生の秘密も知ることになる。ちなみに田沼にとって初めて話した妖であり、「ニャンニャン先生」、「ポン太」と独自の愛称で呼ぶ。

いわゆる霊感少年だが「気配を感じる」「影を見る」といった程度で妖をはっきり視認できるほどではないが、当てられやすく体調を崩しやすい。幼い頃はよく寝込んでおり、父の留守時に世話になっていた伯母の民宿に、夏目、北本西村と手伝いを兼ねた小旅行に出かけたこともある。

なりゆきで夏目の旧友の柴田と知り合った際に、「ひょろひょろしてんなぁ」と言われて、「「(夏目/田沼)は、ひょろひょろしてないぞ!」」とお互い庇い合った?が体型はどちらも似たり寄ったり。彼らが泊まりに来た際は分担でチャーハンを作った(柴田が独断でオムレツもどきを作ったので、正確にはオムチャーハン。味は中々いけるとのこと)

一度、その身に取り憑かれた妖の目を通して夏目が日常的に目にしている世界を体感したことがある(夏目曰く『田沼取り憑かれ事件』)。大変であり、心配もかけたが、田沼当人は貴重な経験もでき「ちょっと、楽しかった」と語った。
その後も、瓶に封じられた夏目を助けるためにオミバシラの館に乗り込み、凄惨な妖の共喰い現場跡を見るなど藤原夫妻に秘密を明かせない夏目の事情を察する。祓い屋の名取周一と彼のともその場で出会い、夏目には危険な領域に足を踏み入れていることを内心危惧され、名取には「無茶な子には無茶な友人ができる」と苦笑された。

当初は妖力値の差(寺の住宅部の天井に魚が泳ぐ水紋の影は見えるが、夏目は雑草しかない庭に反射元の池まで視認した)から、夏目が自分に必要以上を話さず遠ざけようとするのに不甲斐ない思いもしていたが、上述のような様々な出来事を通じ、互いに徐々に本音を伝え合うなどして信頼を築いたことで、祖母である夏目レイコについての心情を語られるまでになる。

また夏目を介して多軌透とも親しくなり、妖絡みで体も記憶も幼くなってしまった夏目を二人でフォローし、「田沼と多軌はオレの友達?」と尋ねる夏目に揃って優しく頷いたこともあった。
妖関連では三人で協力する場面もある。

関連イラスト

田沼と妖
田沼


視野水没
チャーハン作るよ



関連タグ

夏目友人帳

関連記事

親記事

夏目友人帳の登場人物一覧 なつめゆうじんちょうのとうじょうじんぶついちらん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「田沼要」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 8803946

コメント