ピクシブ百科事典

田沼要

たぬまかなめ

田沼要とは、漫画・アニメ『夏目友人帳』のキャラクター。
目次[非表示]

CV:堀江一眞

概要

9月17日生まれ。15歳。O型。身長171cm。家族構成は父(住職)。
夏目の同級生で友人。クラスは1組。
物静かで控えめなおっとりした少年。夏目の能力とニャンコ先生の秘密を知っている。
一人称は「おれ」。髪の色は黒。
原作版では、視界を広げるために一度は前髪を切ったが、原作者が読者からの要望に応え、再び元の髪型に伸ばしている。
夏目にとって、妖について初めて思いを分かち合えた仲間である。
夏目が転校してきて間もなく八ツ原の廃寺に引っ越してきた。

能力・性格
父同様に田沼自身も妖の姿を見る能力は持っていない故、妖の姿をはっきりと見ることはできないが、霊感の持ち主であり、妖の影を見たり、妖の気配を感じることは出来る。
しかしその際にいわゆる「気」に当てられ体調を崩してしまう。
そのために夏目は妖と関わっている時には彼に会いに来なくなることが多く、それが気遣いからの行為であると解ってはいるものの、夏目に比べれば自分の力のレベルが低いから相手にされていないのでは、と落ち込む様子が時折見られる。
一度夏目を妖から庇ったことで、田沼の体がその妖に取り憑かれたことがある。
田沼本人の意思により、取り憑かれた妖の力ではっきりと妖の姿を見ることができ、その妖と話をした事で夏目が普段どのような世界を見ているのかを知る事になった。
夏目から聞かされていなかったため、当初はニャンコ先生が妖だとは知らなかったが、ニャンコ先生がうっかり声を出してしまったためにその正体を知ることとなる。
妖と会話をしたのはニャンコ先生が初めてであるという。
ニャンコ先生のことを「ニャンニャン先生」、「ポン太」などと呼んでいるが、当然呼ばれた本人は不満気である。
アニメ版では出番が増えており、妖関係などで困っている夏目をよく手助けしている。
また漫画版でも物語が進むにつれ、タキと共に徐々に夏目をサポートする場面が見られるようになってきた。

関連イラスト

あの魚は、一体どんな色なのだろう
星空の下で


田沼くん
視野水没



関連タグ

夏目友人帳

pixivに投稿された作品 pixivで「田沼要」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5383821

コメント