ピクシブ百科事典

多軌透

たきとおる

多軌透とは、漫画・アニメ『夏目友人帳』のキャラクター。
目次[非表示]

CV:佐藤利奈

概要

5月15日生まれ。15歳。O型。身長160cm。家族構成は不明。好きなものは可愛いもの全般。
夏目の同級生で友人。クラスは5組。通称「タキ」。
責任感の強い無邪気で心優しい少女。
夏目の能力とニャンコ先生の秘密を知っている。
アニメシリーズでは第2期から登場。一人称は「私」。
セミロングの明るめな茶髪で、帽子をかぶっていることもある。

経緯
ある理由で、額に傷のある妖(声:菅生隆之)に祟られてしまい、その祟りの内容に起因して周囲との会話を極力避けていたが、夏目とニャンコ先生の協力によって救われた。
それ以降は夏目の力になりたいという思いから、身近な理解者の一人として協力している。

能力

田沼要名取周一に続く、夏目貴志の3人目の妖絡みの仲間。
タキ自身は妖を見る能力は持っていないが、祖父・慎一郎の遺した陣(「姿写しの陣」)を描き、この陣の中に入った妖は見ることが出来る。夏目の能力についても妖から伝え聞いた。
祓い屋の間で夏目の「友人帳」と同じく「禁術」とされる術の一つであり、だれも成功させたことのない幻の術といわれている。
陣を使用する際は、陣を地面に描くための杖を用いている。
先祖は陰陽師のようなことをやっていたらしく、彼女もその血を引いているため、タキの描く陣の中は妖力が高まり、素質のある人間には陣の中の妖が見えてしまうという。
その家系のため、妖に関する知識は夏目よりも豊富で、夏目にとっても頼りがいのある存在である。家は旧家であり、蔵には魔除け祖父遺品などが置いてある。
彼女の両親はその蔵のことを気味悪がっており近付こうとしないため、主にタキが蔵掃除をすることが多い。

性格

妖に祟られていた間は他人との会話を極力避けていたため、一部の男子からは「無口でおしとやか」と思われている。
本人曰く可愛いものを見ると心が乱れてしまうとのことだが、当初からなぜかニャンコ先生がお気に入りで、「猫ちゃん」や「ニャンコ先生」と呼んで可愛がっており、出会う度に衝動を抑えきれず抱きしめてしまう。その感触は本人曰く「つるふか」。
登場人物の中で唯一ニャンコ先生の大ファンであり、夏目や妖のちょびひげなど、周囲が深く驚いているほどである。
花冠やクッキーなどを作れる特技も持つ反面、妖事に関する護符などの品を作った際に徹夜するなど要領が悪く、当人は手先が器用になりたいとぼやいている。
徹夜明けには隈のできやすい体質らしく、夏目にその事を指摘されている。
田沼とも仲が良く、原作版では学校の文化祭の準備会を機に夏目を介して知り合うようになるが、アニメ版では第2期の終盤のカイ編にて対面し合っている。

関連イラスト

呼んではならぬ
うぉんちゅー


結んではいけない
三期第五話



関連タグ

夏目友人帳 ニャンコ先生 夏タキ ニャンタキ

pixivに投稿された作品 pixivで「多軌透」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1309920

コメント