ピクシブ百科事典

多軌透

たきとおる

多軌透とは、漫画・アニメ『夏目友人帳』のキャラクター。
目次[非表示]

プロフィール

誕生日5月15日
年齢15歳
身長160cm
血液型O型
家族父、母、勇(兄)、祖父(故人)
クラス5組
好きなものニャンコ先生、可愛いもの全般
cv佐藤利奈


概要

夏目貴志と同級の少女。
陰陽師の家系で広い屋敷に住む旧家の娘であり、魔除け祖父遺品などが置いてある蔵は彼女が清掃・管理している。
祖父・慎一郎は先祖が遺した妖怪関連の資料や巻物を絵本代わりに読み育ち、研究しながら見様見真似で自宅に魔除けを施し、「姿写しの陣」を描いたメモを残す。妖を見る力こそ無かったものの、潜在的な素質があったため、それらは効力を発揮ししたまま現在も維持していた。
幼い孫娘にも色々と教えており、多軌の妖に関する豊富な知識は祖父譲り。

その血をひく多軌も多少の妖力があり、上述の陣を通る妖の姿を見る事ができた。しかし、ある日、質の悪い妖に出会ってしまい、些細な理由で理不尽な賭けを強引に持ち掛けられてしまう。
その時に転校生で同級の夏目が高い妖力を持っていることを妖づてに知り、彼に協力を求めたのが始まりとなる(この時に用心棒であるニャンコ先生の秘密も知る)。

妖を見せる陣が、妖を支配する友人帳と並ぶ禁術と呼ばれる類のものであることが後に判明。
実際、上述のように多軌自身も一年近く悪妖に怯えていたことがあるが、反面、祖父を慕い祖父の家を守るために力を貸してくれた妖たちや迷い込んだ屋敷から出られるよう助けたことに恩義を感じてくれる妖もいて、妖と関わることで繋がる災いや幸いごと祖父が遺した宝物だと言い切る。

人物像

茶髪のセミロングで西村から「5組の可愛い子」と言われた。本人は知らないが、自宅に迷い込んだモサモサした妖からも一目惚れされたことがある。
悪妖との賭けから自身に会話を制限していたことで「無口」「陰がある」と思われたが、本来は年相応にお喋りで気立てもいい。また、家の中で追いかけっこの経験が無いなど躾けが厳しかったと語る。

お祖父ちゃん子であり、祖父の施した術で困っている妖への助力を惜しまないなど責任感も強い。
花冠や焼き菓子を作るなど少女らしい面もあるが、その触り心地からニャンコ先生を「つるふか先生」と呼んだりして遭遇するたびに抱きしめ、その理由を「可愛いものを目にすると心が乱れる」と説明し、周囲を驚愕させる独特のセンスの持ち主でもある。

夏目の妖力を知る者としては田沼要名取周一に続いて三人目。
田沼とは夏目を介し、学校の文化祭の準備会から知り合う(アニメ版では『廃屋の少年』から)。
三人で妖事に関わった際に手作りの護符などを夏目や田沼に渡すこともあり、昼間に男子から見ても恐い造形を、夜中に一人で怖いのを我慢して作ったとのこと。徹夜をすると隈のできやすい体質で「もう少し手先が器用になれたら」とこぼす。
アニメでは笹田と親交があり、OVAでは2人で出かけたり、CDの貸し借りを行うなど、気心の知れた友人となっている。最も原作での出番以降の笹田はアニオリキャラと同じ扱いであるため、原作では呪われて人と話せない時期があった名残から、学校では周囲とは少し距離がある様である。

妖の力で若返った体と記憶の混乱する幼い夏目が、引き取り先で大切にされ、友人たちと楽しく遊ぶという幸福な現状を聞き「まるで、お伽話みたいだ」と呟くのに「みんな本当のことだよ」と優しく笑顔で返した。

関連イラスト

多軌とにゃんこ先生
多軌生日快樂♥


それはまるで…
夏目友人帳 肆EDの多軌のミニスカが…



関連タグ

夏目友人帳 ニャンコ先生 夏タキ ニャンタキ

関連記事

親記事

夏目友人帳の登場人物一覧 なつめゆうじんちょうのとうじょうじんぶついちらん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「多軌透」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2074293

コメント