ピクシブ百科事典

名取周一

なとりしゅういち

名取周一とは、漫画・アニメ『夏目友人帳』の登場人物。画像真ん中。
目次[非表示]

概要

CV:石田彰

11月12日生まれ。23歳。A型。身長175cm。家族構成は不明。特技は怪しいオーラ

作中の人気俳優で妖祓い人
夏目貴志の2人目の妖絡みの仲間である。
夏目の理解者であり、同じく妖を見ることが出来る数少ない人物。
一人称は「私」、「おれ」。口癖は「きらめいててご免」。
アニメでは髪型と髪の色(茶色)が夏目と若干似ている。
俳優業の裏で妖祓い稼業をしており、笹後瓜姫など、いくつかの妖を「式」として使役している。

俳優としての資質として、自身特有のきらめきオーラを放つが、ニャンコ先生曰く「新手の妖気」らしい。
夏目にはそのオーラが利かないため、迷惑がられている。

能力

体に「ヤモリの形の痣」をした妖が住み着いていて、体中を動き回るという。
ただし、左足だけには決して移動せず、名取本人はその事を特に気味悪がっている。
健康に影響は出ていないが、その正体・理由などは不明であり、この妖のことを独学で調べているうちに、妖全般について学んでいった。
もともと名取の家系は妖祓いを生業としていた時期があり、名取の名はその手の業界筋でそれなりに有名である。
夏目の能力についても一目置いており、助手にしようとしたこともある。
同じ妖祓い人である的場のやり方にはやや抵抗を感じており、危険視している。
妖を祓う、もしくは封印する際にはよく紙を使い、それで拘束をしている

その性格

夏目とは唯一同じ境遇の友人として接している。
ただし妖に対しての見解は、複雑な思いを抱く夏目とは異なり、むしろ憎んでいる。
そのため、夏目とは意見が食い違うこともしばしば。
肉眼よりガラスを通したほうが妖が見えやすいらしく、たまに伊達眼鏡をかけている。
夏目やニャンコ先生は彼を「胡散臭い男」だと思っており、特にニャンコ先生とは仲が悪い。
普段は冷静沈着な名取も、ニャンコ先生と子どもっぽい喧嘩をするなど、大人気ない一面も持つ。

関連タグ

夏目友人帳 夏目貴志 ニャンコ先生
名夏 祓い屋サンド

pixivに投稿された作品 pixivで「名取周一」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3084751

コメント