ピクシブ百科事典

大友ソウリン

おおともそうりん

大友ソウリンとは、「戦国乙女」シリーズに登場するキャラクターである。
目次[非表示]

概要

CV:加藤英美里

「戦国乙女2」以降に登場する、西国乙女三人衆の一人。三人の中では一番幼い外見をしている。史実では長宗我部元親より9歳くらい上なのだが…。実は成人しており、飲酒する描写もある(弱いが)。
新しいもの好きなシスター風の格好をした九州弁キリシタン大名。脇を大きくカットした大胆なコスチュームをしている。
清楚でおしとやかな性格をしているが、西洋かぶれなロマンチストである。自身の身の丈ほどある大砲の「弩・佛狼機砲(ドン・フランキー砲)」を手に持つと性格と口調が変わり、辺り構わず撃ちまくる。
第3世代以降は、通常は突撃槍で闘うという設定になっている。
特技は西洋蹴鞠

アニメ版の設定

アニメ「戦国乙女桃色パラドックス」では、大分弁が話せるということでCVが野中藍に変更された。
毛利モトナリらと共に織田ノブナガに敗れ、豊臣ヒデヨシからくすぐりの刑を受ける。再戦では長宗我部モトチカと共に明智ミツヒデを追い詰めるが、トラップに引っかかった挙句、自身の「弩・佛狼機砲」でトドメをさされた。
その後、徳川イエヤスとの最終決戦に参戦し、砲撃でイエヤスを追い詰める活躍をみせた。

関連イラスト

嬉々として動物を虐待する小悪魔な聖女
大友ソウリンちゃん!



関連タグ

戦国乙女~桃色パラドックス~ CR戦国乙女 キリシタン大名 弩・佛狼機砲 シスター 大友宗麟 合法ロリ
立花ドウセツ 足利ヨシテル

pixivに投稿された作品 pixivで「大友ソウリン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 541063

コメント