ピクシブ百科事典

大決戦-ヤマト・ガミラス・ガトランティス-

だいけっせんやまとがみらすがとらんてぃす

劇場作品『宇宙戦艦ヤマト2199 星巡る方舟』で、宮川彬良氏が新たに作曲された音楽の1つ。物語終盤の決戦で使用され、ヤマト・ガミラス・ガトランティスの戦闘場面を大いに盛り上げた曲である。
目次[非表示]

概要

 『宇宙戦艦ヤマト2199 星巡る方舟』の制作に合わせて作曲された、宮川彬良氏の新曲の1つである。ただし新曲と言うよりも、いくつかの曲を組み合わせた組曲として完成させたものもあるが、ただ単に組み合わせただけではなくアレンジも加えている。
 一見すると新しい曲に聞こえる。それでも1曲の中に各原曲を散りばめるような作り方よりも、いっそのことメドレー風に仕上げた方が良いのではないか、ということで、メドレー風の大決戦に仕上げている。
 さらに収録日当日の収録1時間前まで粘って楽譜を作っていた模様。それだけ宮川氏が懸命に作っており、同時に演奏メンバーも楽譜を見て引き締めている。

旋律を奏でるは


 また『大決戦』と似たフレーズの曲が、過去のヤマト作品『新たなる旅立ち』でも作曲されている。こちらは『大戦争―ゴルバ・デスラー・ヤマト―』というタイトルとなっている

構成内容

 2199版の大決戦を構成しているのは、『帝都防衛戦』、『ガミラス国家』、『ガトランティス襲撃』の3曲である。最初に帝都防衛戦で始まり、次に大幅なアレンジを加えたガミラス国家、その後にまた帝都防衛戦と来て、最後にガトランティス襲撃に終わる。
 因みに『ガミラス国家』は、これまでアレンジしたもの(次元潜航艦UX-01の曲や、孤独、といった曲)が幾つか出ていたが、今回も大決戦を作曲するにあたって新にアレンジを加えた。特に最終決戦の戦闘と言う場面だけあって、他曲と自然に混ざるようリズミカルに仕上げられている。次元潜航艦のような不気味に忍び寄る曲調とは、全く正反対の性格を持ったアレンジと言えるであろう。

使用例

 物語終盤の艦隊決戦の場面において、ヤマトが座礁したランベアを救出するために、反転して艦隊から離脱する下りから流れ始めた。最初は帝都防衛戦で流れており、ガミラス艦隊とガトランティス艦隊の攻防、ガミラス・ヤマト艦載機による空母キスカへの攻撃する場面が描かれている。

緑のダロルド級
ガ艦ピカー
空母


襲撃型高速駆逐艦


 中盤でガミラス国家のアレンジ版に切り替わり、フォムト・バーガーらガミラス艦隊の苦境場面になった。次々と撃沈され、残りミランガルになってしまいながらも、バーガーは単艦で敵艦と差し違える。この場面はPV等でも使用されており、負傷したバーガーの奮闘ぶりが熱く描かれていた。
 終盤では一端、帝都防衛戦に切り替わってヤマトが懸命に、旗艦メガルーダ追撃する場面になる。この時の島大介山崎奨の熱いやり取りも相まって、場面に熱の入る部分になった。
 そして追撃を受けるメガルーダの場面になって、初めてガトランティス襲撃に切り替わる。猛進してくるヤマトを迎撃すべく、威勢を張ってトンデモ攻撃を繰り出すゴラン・ダガームと、それをギリギリに回避するヤマトの場面で曲は終わった。

コンサート

 2015年2月末頃に、劇場映画公開を記念して再度のヤマト音楽のコンサートが開催された。第1部と第2部の構成で、第2部に『星巡る方舟』に関する曲が演奏されており、その中でも大決戦が演奏された。鮮やかなライトパフォーマンスと、生による楽器演奏による迫力あるものとして、会場を轟かせた。

関連タグ

宇宙戦艦ヤマト2199 宮川彬良 星巡る方舟 音楽

コメント