ピクシブ百科事典

女給

じょきゅう

明治末から昭和初期にかけて流行したカフェで働いていた女性給仕のこと。

初期のカフェは美術家や文学者など集まるサロン的な場所として作られ、その給仕として女給が置かれた。
ところが、大正末から昭和にかけ、カフェが大衆化するに従い、女給を売りにした店が増えてきた。
(どちらかといえば女給の接客を売りにしたから流行したのかもしれないが)
そういう店での女給は、今で言うクラブやバーのホステスに近い存在で、酌や会話で客を接待していた。

一般的な女給の服装は、和服着物)に白いエプロンとされている。
もちろん洋装の女給も居るが、イラストのモチーフとしては和服にエプロンのほうが人気である。

また、水商売の女性を指す「夜の蝶」の語源は、「エプロンの紐を後で大きく蝶結びにしていた」女給の服装から着ているとも言われている。


関連イラスト

女給の唄 (昭和初期シリーズ)
割っちゃった。



関連タグ

職業 給仕 ウェイトレス ホステス 女給さん 女中
和風メイド 和装メイド メイド
レトロ 明治 大正 昭和 モダン 昭和初期 戦前
カフェ カフェー 喫茶店

pixivに投稿された作品 pixivで「女給」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 425145

コメント