ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要

アクマ族黒幕・大魔王ガルバーが率いる魔物の集団。


アクマ族とは異なり、こちらは正真正銘の魔物としての存在である。


構成員

支配者

妖怪軍団を率いる謎の支配者。


前作『アクマイザー3』でアクマ族の悪の勢力が滅ぼされ、今度は妖怪達を操って地上支配を目論み、普段は妖怪城に身を潜めている。


第24話で遂にその姿を現すが、第26話で影武者大魔王と真の支配者のガルバーの総称であった事が判明した。



CV:納谷悟朗


妖怪軍団の真の支配者。妖怪世界の総統。


緑色のゲル状の肉体から無数の触手が生えた不気味な姿をし、落雷を起こす能力を有する。


第26話でその存在が明かされ、第32話で遂にその姿を見せた。



CV:塩見竜介


妖怪軍団の総大将。ガルバーの影武者。


魔力の源であるマントを羽織り、先端に目玉の付いたステッキを武器とする。


「大魔王ガルバー」と名乗り、各地に封印されている妖怪を復活させ、命令を下している。


第32話で三超神の「雷撃アタック」を受け倒されるが、ガルバーの力によって復活し、更に魔力を10倍に高める事のできる黄金のマント「ガルバーマント」を授けられた。


妖怪

大魔王ガルバーの配下である魔物の総称。


日本の各地に封印され、様々な事情でその封印が解かれて、現代に復活する。


主にビビューンの必殺技を受け倒される際、「怨めしや…」と発言するのがお約束となる。


詳しい詳細はリンク先を参照。


戦闘兵

妖怪に従う戦闘兵。


青竜刀を武器とし、ヒマワルやハンニャの配下の部隊等が存在し、大魔王ガルバー直々の親衛隊を務める個体もいる。


妖怪パトロール

大魔王ガルバー直属の部隊。三超神と妖怪の動きを監視している。


人間には無害だった為、三超神には仲間として迎え入れられた。



CV:雨森雅司


ターバンマントを身に付けた身長3mの妖怪。


「あー、シンド~」口癖であり、妖術「シンドイン」で子供達数人であれば、体内に避難させられる。



CV:八代駿


シンドの幼馴染の毛むくじゃらで黒色の小動物のような妖怪。


お喋りでいつもシンドの肩に乗り、大魔王ガルバーの不利になりそうな行動をするシンドを制止していた。


関連タグ

石ノ森章太郎 超神ビビューン 妖怪(ビビューン) 妖怪

関連記事

親記事

超神ビビューン ちょうじんびびゅーん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 437

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました