ピクシブ百科事典

大魔王ガルバー

だいまおうがるばー

『アクマイザー3』、及び『超神ビビューン』に登場する敵の黒幕。
目次[非表示]

概要

アクマイザー3』、及び『超神ビビューン』に登場する謎の敵。

アクマイザー3

CV:飯塚昭三

アクマ族の悪の勢力を陰から動かしていた黒幕。

第37話でその存在が明かされたが、姿は見せずに声だけの登場となる。

白骨状態だった総師団長のゲベルを自らの力で元の姿に戻し、不滅の盾を与え、その盾に秘められた自らの呪いでアクマイザー3の魂を小さなカプセルに閉じ込め、宇宙に追放した。

超神ビビューン

アクマ族の悪の勢力が壊滅した後、妖怪軍団の支配者となった。

普段は妖怪城に潜み、第24話で遂にその姿を現すが、第26話で実は影武者の大魔王と真の支配者のガルバーの総称だった事が判明した。

ガルバー

CV:納谷悟朗

妖怪軍団の真の支配者。妖怪世界の総統。

緑色のゲル状の肉体に目玉と口があり、無数の触手が生えた不気味な姿をし、落雷を起こす能力を有する。

目玉の発光と同時に爆発を起こす「ガルバー殺人光線」、全身の触手を伸ばして敵を絞め殺す「ガルバー殺人ロープ」、ビビューンの火の玉アタックを打ち破った「火の玉返し」という技を使用する。

第26話でその存在が明かされ、第32話で遂にその姿を見せた。 

大魔王

CV:塩見竜介

妖怪軍団の総大将。ガルバーの影武者。 

魔力の源であるマントを羽織り、先端に目玉の付いたステッキを武器とし、生きの良い子供の魂が大好物である。

第32話の妖怪ハンニャは彼の有能な愛弟子である。

ステッキの先端の目玉から灼熱の炎を放つ「魔王火炎、マントを翻す事で強力な落雷を起こす「大魔王地獄火柱」などの技を用いる。

「大魔王ガルバー」と名乗り、各地に封印されている妖怪を復活させ、命令を下していた。

第32話で三超神の「雷撃アタック」を受けた事で一度は倒されるが、ガルバーの力によって復活し、更に「ガルバーマント」という黄金のマントを授けられ、魔力が10倍に高まった。

余談

ガルバー役の納谷氏と超神ビビューン/月村圭役の荒木しげる氏は『仮面ライダーストロンガー』でお互いに共演した経歴がある(納谷氏はブラックサタン大首領岩石大首領)役、荒木氏は仮面ライダーストロンガー/城茂役)。

関連タグ

アクマイザー3 超神ビビューン アクマ族 妖怪軍団(ビビューン)

関連記事

親記事

妖怪軍団(ビビューン) ようかいぐんだん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「大魔王ガルバー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 13

コメント