2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

宏観異常現象

こうかんいじょうげんしょう

地震が起きる前に起こるとされる異常現象。科学的な根拠はないが、地震予知を視覚的に確認できる現象としてテレビメディア等ではよく扱われる。
目次[非表示]

概要

古来より、地震が起きる際に動物や気象になんらかの影響がでると考えられてきた。そのひとつに、日本ではナマズが地震を起こすという伝承がある。よって自然の現象から地震を予知しようという動きが自然に発生することになる。
宏観異常現象とは、それら自然の異常現象を観測することで地震を予知しようとするものである。

有名なところでは以下のとおり

  • ナマズが暴れる、クワガタが冬眠から目覚める、といった生物の異常行動
  • 通常漁獲されない魚が捕獲される、または見つかる。(リュウグウノツカイが有名)
  • クジラやイルカが浜辺に打ち上げられる。
  • 竜巻状の雲が発生する(いわゆる地震雲
  • 夕焼け朝焼けが異常に赤い
  • イオン値が異常上昇する
  • ラジオの電波が通常届かないところにまで届く


など

注意事項

もちろんこれらは科学的な根拠はまったくない。これらが観測されたからといって必ず地震が発生するとは限らないことを留意しておくことを進める。
実際地震学者もそういったことで地震を予知することはしていない。(なんらかの因果関係はあるかもしれないが、直接地震が原因になった現象とは考えていない。)

地震と関連がある可能性が高いケース

但し、宏観異常現象の中には地学的に考えても比較的にどの異常現象よりも地震との関連性が高い可能性のある現象も存在する。それが地下水・温泉・井戸水等の異常だ。具体的にはどのような現象なのかというと、

  • 水位の低下・上昇
  • 温度の低下・上昇
  • 間欠泉・水柱・温泉が噴出・停止する
  • 地下水・温泉・井戸水の濁り

など、複数存在していることが確認されている。
どのようなメカニズムで生じているか不明だが、過去の地震記録を見てみても、大地震前後にこのような異常現象は起きていることが確認されている。実際に過去の記録を見ると、

  • 過去の南海トラフ巨大地震発生前後を見ると、西日本各地で温泉が止まるなどの記録が残っており、特に道後温泉は発生後に例外なく湯が止まるなどの異常が現れていること
  • 過去の三陸沖などにおける海溝型地震でも、北海道・東北・関東地方の各地で井戸水の渇水や濁りなどの異変が生じていること

などが確認されている。

実際に過去の地震を例に挙げると、

  • 大正関東地震(関東大震災)発生前には、静岡県にある熱海の大湯間欠泉が止まる
  • 1943年の鳥取地震では、地震発生前に温泉が真っ白に濁ったという報告がある
  • 東北地方太平洋沖地震東日本大震災)前後には、北海道・東北・関東地方などの各地で温泉の水位が低下するなどの異常が現れている(主な例は、岩手県の五葉温泉)

等が挙がる。つまり、地下水・温泉・井戸水等に異常が現れた場合は、地下活動についても考慮しなければならず、実は地震などの前兆現象として現れている場合がある(勿論、全てが地震の前兆現象とは限らない)。仮にそうであった場合、自然現象である以上、前兆現象は年単位で起こることもあるため、長い目で見る必要があると言える。そのため、宏観異常現象だからという理由だけで、何でもかんでも頭ごなしに否定して、人為的要因が原因と思い込むこともよくないのだ


関連タグ

地震 ナマズ

外部リンク

宏観異常現象 - Wikipedia

関連記事

親記事

地震予知 じしんよち

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました