ピクシブ百科事典

《音訓》カン・さむ(い)
《名乗り》さむ・ふゆ

《意味》

  1. さむい乾燥して物資乏しく、はだ身にこたえてさむい。〈対語〉
  2. さむさ。のさむさ。
  3. つめたい。〈類義語〉
  4. こごえる。さむいめにあう。さむさで、からだを痛める。ひやす。〈類義語〉ゴ・
  5. が乏しくてつらい。貧乏苦しい。〈対語〉
  6. かん。小寒大寒陽暦一月五日ごろから立春の前までの三十日間。

《解字》
会意。「サイ・ソクの字の上部+冫(こおり)」で、やね(宀)の下にれんが(エ印)を積み、手でをふさいで、の冷たさを防ぐさまを示す。乾燥して物の乏しい北方のさむさ。

《単語家族》
カン(かわく)キン(乏しい)などと同系。

《類義》
は、澄みきってつめたいは、すがすがしすずしいゴは、凍るようにつめたい

湖畔の朝



関連タグ

文字 漢字

寒い 寒さ 寒そう
寒冷 肌寒い 激寒
寒帯 寒波 防寒 悪寒
寒村 寒色

寒の入り 小寒 大寒 寒中
寒中見舞い 余寒見舞い

ゾッとした ゾクッとした

     

pixivに投稿された作品 pixivで「寒」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 10148

コメント