ピクシブ百科事典

少年と魔法のロボット

しょうねんとまほうのろぼっと

『少年と魔法のロボット』とは、NHK「みんなのうた」で放送されたGUMIの楽曲である。
目次[非表示]

少しだけ不器用な声だけど。

概要

  • 作詞:40㍍P
  • 作曲:40㍍P
  • 編曲:40㍍P
  • 唄:GUMI


  • アルバム『少年と魔法のロボット VOCALOID BEST,NEW RECORDINGS』表題曲。
  • 2013年8~9月、NHKみんなのうたにて、初のVOCALOID曲としてオンエア。
  • また、ニコニコ動画に投稿された物は、Album Edit Ver.としてフルサイズとなっており、みんなのうた版では語られなかったストーリーが補完されている。
  • PVはたま氏。みんなのうた版とはまた別のPVとして製作されている。
    • 動画、何箇所か歌詞まちがえてるの、コメントの指摘で気づきました!見つけたらそっと心にしまっておいてください!(40㍍PTwitterより転載)

2013年8月から9月にかけて、NHKの音楽番組『みんなのうた』で放送された。
50年以上の歴史を持つ同番組において、VOCALOIDの楽曲が採用されたのは初の出来事である。

「歌が大好きだが声に自信が無い少年が、少しぎこちない声で歌う魔法のロボットにその夢を託す」というストーリー仕立てになっており、まさにPとVOCALOIDの関係性を歌うものになっている。
ニコニコ動画では、9月27日に、「Album Edit」と称したフルバージョンが投稿された。

ストーリー

時計台のある街に、歌うことが大好きな少年が住んでいたが、彼は自分の声に自信が持てず、憂鬱な毎日を送っていた。
そこで知り合いの博士は、三日三晩少年のために、魔法のロボットを作った。
言葉とメロディを教えるだけで、彼の代わりに歌ってくれるそのロボットに目を丸くした少年は、恐る恐るボタンを押した。
機械ゆえに少々ぎこちない声だったが、彼女の歌声は少年の心に確かに響いていた。
少年は、自分の伝えたい思いを魔法のロボットに託し、ロボットも彼の代わりに歌声を響かせるのであった。

関連動画

【GUMI】 感情泥棒 【オリジナルMV】


【40mP】 少年と魔法のロボット 【歌ってみた】


関連イラスト

少年と魔法のロボット
少年と魔法のロボット



外部リンク


関連タグ

VOCALOID ボーカロイド ボカロ GUMI
みんなのうた

pixivに投稿された作品 pixivで「少年と魔法のロボット」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 45007

コメント