ピクシブ百科事典

山奥のラーメン屋

やまおくのらーめんや

洒落怖こと、「洒落にならない怖い話」の一編。
目次[非表示]

概要

「山奥のラーメン屋」は、洒落にならない怖い話こと、洒落怖の一編である。
山道をドライブ中の男女が、道に迷い、山奥にラーメン屋を発見。しかしそのラーメン屋は、異様な雰囲気を醸し出していた……という怪談である。

あらすじ

北陸のある山中を、彼女とともに深夜にドライブしていた投稿者は、道に迷ってしまった。
ナビは機能せず、困っていたところ、パッと明かりが見えた。
それは、広い駐車場を持つラーメン屋の明かりだった。
こんな山奥に? しかももう真夜中だぞ?
投稿者は、なにか違和感を感じたが、彼女の「道を聞いてみれば」という言葉に従い、駐車場に車をとめた。
やたらでかい駐車場だが、車は一台も停まってない

店に入ると、かなり広い店内が満席だった

しかしよく見ると、だれもラーメンに手をつけてない
ただ座ってるだけ、会話もない。
シーンと静まり返る店内に、ラーメンの湯気だけがもうもうと舞っている
その光景に怖くなり、投稿者はすぐ店を出て車を走らせた。

結局朝方に近くなる頃、通りかかった族車の兄ちゃんが親切にも先導してくれて、ようやく県道まで出られた。

その兄ちゃんにラーメン屋の話をすると、
ああ、知ってるよ。ここらじゃ有名だ
でも、よそ者しか見られないんだ。俺たち地元の人間は話を聞いたことしかない
俺だって、あんたみたくラーメン屋から逃げ出してきて、道に迷った人をつれて帰るのは一度や二度じゃねーもん
更に、
ああ、それから女連れだったなら、女店員に話しかけられなかったよな? 話しかけられなかった? ああ、そうかよかったな
女店員? 見なかったが、話しかけられるとどうなるのかは、
知らんほうがいい
と言って、教えてくれなかった

別れ際、
それから、もうここにはこないほうがいいよ
二度目はひどいらしいから
そういい、兄ちゃんは爆音で去っていった。

気持ち悪い体験でした……という、投稿者の結びの文で、この話は終わる。

解説

山奥で迷った先に、建物(店)を発見。そこで奇妙な体験をする、という系譜の怪談。

単に幽霊や妖怪めいた存在を目撃したとか、恐ろし気な場所に赴いたらひどい目に遭ったとか、そういった事も無く、普通に見えるラーメン屋で、投稿者は異様な状況と光景を見ただけの事である。
更に、「再訪したら何かが起こる、それもより悲惨なものになるらしい」と、含ませるような事も伝えられるため、訳も分からず、真相がどんなものなのかも想像がつかない
そのため、仮に怪異が存在したとしても、なぜあのような光景だったのか、あのままとどまっていたらどうなったのかなど、説明や情報が無い故に、かえって恐怖を感じさせている

あのラーメン屋はなんなのか、客たちはなぜ食べずに佇んでいただけなのか、登場しなかった女性店員とはどんな存在で、話しかけられていたらどうなったのか、二度目はひどいとはどうひどいのか、そういった事全てに説明が無く、「訳の分からない、気味の悪さ」の読後感を残す。
続編などはなく、この話だけで終わっているところも、説明不足と理解を拒むような不条理さを感じさせる。

関連タグ

ラーメン ラーメン屋 怪談

関連記事

親記事

洒落怖 しゃれこわ

兄弟記事

コメント