ピクシブ百科事典

峯岸稔樹

みねぎしとしき

峰岸稔樹とは、『モブサイコ100』に登場するキャラクター。
目次[非表示]

「余計な仕事増やさないでくださいよ」

「ならば少しだけ… 本気を見せてやろう」

CV:小林裕介

概要

世界征服を目論む超能力組織「爪」に所属する、ボス直属の幹部"5超"の一人。
通称「植物使いの峰岸」。常に落ち着いた態度で物事を見定める。

外見

眉なしと鋭い目つきが特徴で、基本的に無表情。短めの髪は、アニメ版では薄く紫がかっているが、アプリ版では金髪だったりする。よく手元には「食虫植物図鑑」を携えており、時々出現させた植物に腰掛けて読んでいる。
その能力故か、彼が登場する際は大抵足元から大量の草花が生い茂るため、一人だけ背景が違って見える。

性格

5超の中でも特に冷静で洞察力が高く、相手の戦力の分析も的確に行う。他のメンバーと違って、場合によっては一般構成員に補助を指示するなど、頭脳的・効率的な戦闘を展開する。
自分の能力に自信を持っているが、慢心でピンチになる場面自体はあまりない。ピンチになる時は大体、相手が悪すぎる時である。

能力

端的に表すと「植物を操る」。自身のエネルギーを送り込むことによって、植物を無尽蔵に成長させる。成長した植物は通常個体のそれとは比べ物にならないほどの大きさ・長さ・強度を誇り、攻防に高い性能を発揮する。戦闘時は植物を操るだけで事足りるため、彼自身はその場から一歩も動かない場面が多い。

植物そのものを作り出すわけではないはずだが、アスファルトの地面やビルの床など、様々な場所からジャングルの如く植物を出現させている。一般的な植物の蔓や根の他に、ウツボカズラハエトリグサなどの食虫植物も多用している。

因みに彼自身は、植物が特別好きというわけではないらしく、あくまで都合のいい道具としてしか捉えていない様である。




























ネタバレ注意




























「爪」の世界に対する宣戦布告に伴い、組織の内部崩壊を狙った外人部隊を他の幹部とともに鎮圧。町の大破壊の後はタワー内で待機し、ショウらが町に侵入した際にはこれを迎撃。彼らを先に行かせたショウの仲間たちを制圧する。

その後やってきたモブとも対決。部下たちの補助も上手く活用し,彼とほぼ互角に渡り合う。途中参戦した魔津尾の悪霊も難なく対処するが、運悪く解放されてしまったによって状況は一転。植物の制御を乗っ取られ、巨大な植物に自分自身が殺されそうになる。
モブの説得によって何とか命は助かったものの、そのまま意識を失い戦闘不能となった。

モブとボスの最終決戦時には意識を取り戻し復活。「彼には借りがある」と言い、タワー上部から投げ出された霊幻芹沢達を植物を伸ばして救出した。
以前からボスの本性は察しており、今回の事態もある程度予測していたようである。


事件が収束した後には、能力のことは隠して生花店で働いている。かつて命を救われたモブのことは気にかけているようで、彼が来店した際にはサービスしたりしている。また、おまけ漫画では植物とあいさつを交わしており、植物に対する認識もいくらか改まった模様。

関連イラスト

みねぎしとしき
minegishi



関連タグ

モブサイコ100 超能力者 大きな植物 植物系男子
断罪兄弟:カップやきそば現象。

pixivに投稿された作品 pixivで「峯岸稔樹」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 25344

コメント