ピクシブ百科事典

崎守トウジ

さきもりとうじ

崎守トウジとはライフワンダーズ制作スマートフォン用ゲーム「東京放課後サモナーズ」に登場するキャラクターである。
目次[非表示]

俺はトウジ。崎守の者だ。ここに我らは利害の一致を見た。故に一時、この腕を預けよう

概要

CV:稲葉純弥/絵師:BomBom(Pixivアカウント)

都内の神社に住み、神主見習い兼退魔師を務めている男子高校生。霊感が強く、死者の声を聴く事が出来ることから、東京で起こる様々な怪異や事件を解決するために警察と共に行動している。

第2章から顔を出していたが、本格的にストーリーに絡むようになるのは第6章から。
この章で彼の中にある因縁に纏わることが描かれ、ギルドの抗争に巻き込まれていく。

人物

所謂細マッチョだと思われるが、残念ながらメインキャラでは唯一、露出度の高いスキンが用意されていない。その為、6章解禁後における彼の水着・湯浴み姿のスキン解禁が望まれる…かもしれない。
それ以上に特徴的なのが頭部にある青い固まる。アレは魂ではなく水なので、決して「もんげー」で有名なあの兄弟ではないし、正十字学園の生徒でもない。公式でもネタにしているが、本人はれっきとした退魔師の家系に生まれた高校生である。

シロウ以上に頑固、かつ正義感の強い人物でアプリの仕組み自体には否定的。しかし、ことを解決するために仕方なく利用している。
実は鬼種の血が流れ、その力を抑えるため結界を張る力を得た。腰に下げた妖刀は力を制御するためのもの。その為、アプリそのものを嫌って入るが血筋の都合もあり、その本質を理解しているからか、(色々な事情で表立って行動できないサロモン君に代わって)現象の説明役として登場することも。

ホウゲンから剣術を教わっているが、カルキほどじゃないにしろ彼のセクハラには手を焼いている。

ちなみに名字の崎守はメーカーの同人レーベル「四畳半的生活」からリリースされている『カンマの庭』の登場人物、崎守御盾と関係性があるのではと噂されている。日本刀+結界系の能力者で頬に傷があるといった共通点があるが、それ以外のことについては不明。

ゲーム内の性能

現在、恒常で☆3と☆4が初期から手に入る。☆3に関しては6章で必ず手に入るのだが、転光石ガシャだと☆4ばかり入手されるので、☆3の神器レベルを挙げる場合は戦友召喚を実施する必要がある。

☆3(通常)☆4(通常)
二つ名【退魔師】【二振りの妖刀】
コスト816
属性
武器斬撃斬撃
CS名天害孤毒(センジノタタリ)(☆3と同じ)
CS効果敵に自属性・斬撃ダメージ+呪い付与(☆3と同じ)

レアリティ同志の差はステータスぐらいで、運用方法自体は変わらない。
「守護者」に関しては後ろ1マスしか効果がない上に、強化しないとさほど発動率がよろしくない。昔はそれがネックだったため、狙いに行く必要がなくなったが、強化クエスト実装後はレベル次第では高確率で発動するので、魔法などの支援キャラと組んで行動させるのが良いだろう。

しかし、本番は限界突破をしだした頃から。火力不足を補う「鬼道の衆」に防御強化を周囲に撒き散らす「結界術師」、スキル、CS両方を問答無用で封じることができる「断ち絶やす者」と便利なスキルが揃っているので、彼を入手した場合は真っ先に限界突破を目指したほうがいいだろう。

なので、基本的には1ターンは防御強化を施し、後衛を守るのが基本的な戦闘スタイルとなる。

関連タグ

東京放課後サモナーズ
コマさん

関連リンク

東京放課後サモナーズ
東京放課後サモナーズWiki

pixivに投稿された作品 pixivで「崎守トウジ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 46238

コメント