ピクシブ百科事典

帷湍

いたん

『十二国記』に登場するキャラクター。

「のんき者だが、莫迦ではない」

概要

 主に「東の海神_西の滄海」に登場する雁国三官吏の一人。

 もとは田猟(下級官僚)だったが、尚隆が登極するまでに死亡した民の戸籍簿を投げつけ、登極に至るまでの長い時を責めた。
その経緯から「猪突」という字を下賜される。
 性格は、堅苦しいところがあるが、上記の通り短気である。
 後に天官長太宰になり、王の生活態度改善に乗り出す。

※ 天官:宮中の諸事や、王・宰輔の世話する官吏。

関連タグ

十二国記 朱衡 成笙

pixivに投稿された作品 pixivで「帷湍」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3634

コメント