2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

幽玄の剣聖

ゆうげんのけんせい

『幽玄の剣聖』は、東方Projectの二次創作ゲーム『東方ロストワード』に登場するキャラクター。 ストーリー上で大変重要な役割を担うキャラのため、閲覧の際はネタバレ注意である。
目次[非表示]

第3章のネタバレを多分に含みます。

概要

幽玄の剣聖


ストーリー第3章前半に登場した黒い妖夢
別世界の妖夢らしく、同じく別世界の西行寺幽々子の従者らしいが、詳しい詳細やその正体は未だ不明。

汎異記号はR8、気質は玄天

絵札

「幽玄の剣聖」として絵札化。
したのだが、その性能は桁違いと言ってもいい強さを持っており、斬撃の威力を25(50)%UP、命中1段階(2段階)UPという化け物性能であり、斬撃を主とする幽玄の剣聖は勿論、他のキャラクターの適正も高い為、多くのプレイヤーが周回に勤しんでいる。

ただ、この絵札の恩恵を最も受けたのは幽玄の剣聖ではなく・・・

プレイアブル化


実装形態超フェス限定
速攻式
拡散斬象閃
集中幻突
スペカ1始怪『草早楼観剣』
スペカ2始怪『雷切白楼剣』
ラスワ『合体剣一本桜・満開』
紅夢の魔女」に続いて超フェス限定でプレイアブル化。
性能は赤魔理沙と同様最強クラスだが天形代が必要な為、育成難易度は非常に高い

テーマ曲

幽玄の剣聖のテーマ曲は、Foxtail-Grass Studioの「桜雪摩天楼」。原曲は「東方妖々夢 ~ Ancient Temple」。


余談

カラーリングの元ネタは東方非想天則の妖夢の5Pカラーと思われる。
(東方非想天則の2pカラー一覧)

スキルの名称は漢字を分断したものではないのかという考察がある。

  • スキル1の名称「宀水(べんすい)」←”㲾”(雨の異体字)
  • スキル2の名称「旡火(きか)」←”炁”(気の異体字)
  • スキル3の名称「日寺(じっし)」←”時”
参考
スキルの解説文は東方萃夢想の妖夢の勝利台詞が元ネタで、雨を斬るには30年、空気を斬るには50年、そして時を斬るには200年の修行を必要としている。これらの教えは彼女の祖父にして師である魂魄妖忌によるもので、「雨」「気」「時」の字を分断していることから、妖忌の教えを理解し、それ程の修行をしてきたのではないかと思われる。

また、小さな亡霊楼主のスキル名も、
  • スキル1の名称「郷食」←”饗”。もてなす、ごちそうするという意味。
  • スキル2の名称「尸死」←”屍”。しかばね。
  • スキル3の名称「艸化」←”花”←花(花の旧字体)
となっている。(これだけ見ると、幽々子が従者に斬られたようにも見えるが、メインストーリーでの二人の経緯を考えると……?)

また、ショット・スペカはいずれも完全オリジナルのもので元ネタのスペルカードも存在しない。
『草早楼観剣』と『雷切白楼剣』はそれぞれ坂上田村麻呂の名刀ソハヤノツルギ雷を斬ったといわれる日本刀雷切が元ネタ。スペルカードの演出は「鳥になって飛び掛かる」「火焔となって吹き掛かる」話と「雷を斬った」という伝承を意識している。

その他の色違いキャラクターとの関連性

紅夢の魔女神を降ろす祈祷師狂気の宇宙妖怪同様カラーと五行思想が関係しているのではと考察されている。もしそうならば、幽玄の剣聖は水行の玄(黒)にあてはまる。

水行は「冬」の象徴で、泉から涌き出て流れる水が元となっていて、胎内と霊性を兼ね備える性質を表している。(Wikipedia『五行思想』より
東方において冬と妖夢といえば、東方妖々夢の冬が終わらない異変を連想させる。

関連タグ

東方ロストワード
魂魄妖夢 東方LW・実装キャラクター一覧
小さな亡霊楼主
???  ???

黒妖夢 ・・・こちらのタグも使用されている。

月戦型ガーデナー・・・こちらも妖夢の超フェス限定キャラ。

サラシナ・・・MUGENにおける妖夢の改変キャラカラーの元ネタが同じなのか配色が酷似している。(ただし、あちらの目の色は赤ではなく水色。)

ソハヤノツルギ 雷切

ロスワ色変えキャラ

紅夢の魔女赤魔理沙
幽玄の剣聖黒妖夢
神を降ろす祈祷師青霊夢
狂気の宇宙妖怪黄優曇華

関連記事

親記事

東方LW・実装キャラクター一覧 とうほうろすとわーどじっそうきゃらくたーいちらん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「幽玄の剣聖」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 38674

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました