ピクシブ百科事典

御法川せんり

みのりかわせんり

御法川せんりとは東方二次創作企画「異空郷」でのわかさぎ姫のポジションとなる人物である。初出は『東西城土封』。
目次[非表示]

御法川せんりが登場する異空郷についてはこちらからどうぞ。

概要

種族八百比丘尼
登場作品城土封(一面ボス)・弾幕レジスタンス1日目
二つ名水中のプリンセス()
能力潤いをもたらす程度の能力
主な活動場所濃霧の池
危険度
人間友好度
身長162cm
嘘テーマ曲涙色の人魚姫

※ただし危険度や人類友好度等の評価などは作中登場人物の景里清良によるもの。

人魚の肉を食べてしまったことにより不老長寿を授かった元人間不老不死となる前は漁師の娘で、魚釣りなども得意らしい。漁師である父親が偶然にも人魚を釣ってしまい、珍しい魚だと勘違いした父親がせんりに人魚の肉をふるまってしまったが故に不老長寿となる。

容姿

せんりちゃん容姿修正🐟


浅葱色の瞳に水色の髪を持ち、その髪を後ろで結っている。耳の位置にはひれのようなものがついてる。セーラーカラーのような襟元に赤いボタンと紫色のリボンをつけている。腰には深い青色の帯と黄色の帯紐を巻き、右側には薄ピンク色の羽衣とそれに巻きつくように海藻が飾られている。袖のない深い青色をした服のスカート部分には、赤いボタンと白い布がジグザグと繋ぎ合わさっており、スカートの左裾には貝殻の模様がある。下半身の魚部分は水色である。

性格

大人しく清楚、儚げで悲しい雰囲気を纏っている。不老不死として、家族や友人の最後を何百年も見届けて来た彼女はどこか悟ったようなところがある。そのため彼女は自分から積極的に友人などを作ることはなく、夜刀蕾影永䙥狼譁などと会うまでは僧侶として務め、孤独に暮らしていた(現在は濃霧の池で大人しく暮らしている)。大人しくはあるが気が弱いわけではなく、自分の意思をきちんと持っており、しっかりとしている。争うことを嫌っており、平和を好む。

能力

潤いをもたらす程度の能力

水気や湿り気などに限らず、恩恵や懐を潤したり精神面などのゆとりにも潤いをもたらすことができる。もたらすことができるだけで、逆に潤いを奪ったりなどはできない。

チャームカード

名称登場作品
波符「スタティックウェイブ」東西城土封
波符「悲しみの水辺」東西城土封
水符「ゼーユングフラウの剣」東西城土封
水符「ゼーユングフラウの涙」東西城土封
人魚「水々しきマーメイド」弾幕レジスタンス
悪水「赤い蝋燭と人魚」弾幕レジスタンス
水流「泡沫の海底譚」弾幕レジスタンス


人間関係

影永䙥狼譁

よく濃霧の池付近で出会うことが多いらしく、あまり群れない者同士何か通じるものがあるのかもしれない。つかず離れずな距離感ではあるが、お互いを信用している。

夜刀蕾

狼譁と同じく友人。神様ながらフレンドリーな蕾とはよく会話をする仲。せんりが落ち着いた性格であることから、一緒にいるとゆったりとした気分になれるとか。

関連イラスト


関連タグ

わかさぎ姫・・・元のポジションとなった『東方Project』のキャラクター。
八百比丘尼・・・元ネタとなった日本の伝説の女僧。

1面ボスの系譜

華蔵閣椿姫御法川せんり筑紫

関連記事

親記事

異空郷の登場人物 いくうきょうのとうじょうじんぶつ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「御法川せんり」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 48

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました