ピクシブ百科事典

怒り仮面

いかりかめん

特撮ドラマ『おもいっきり探偵団 覇悪怒組』に登場する怪盗「魔天郎」のもう一つの姿。
目次[非表示]

「私がこの世で絶対に許さない人間は、子供を誘拐する悪党。貴様たちは許さん!!」
「魔天郎・怒り仮面!!」

概要

怪人魔天郎が、子供たちを苦しめる真の悪への怒りを爆発させることで変身するもう一つの姿。
微笑みを捨てて怒りの表情に変わり、青いスーツのヒーロー風な姿となる。
普段の相手を翻弄する華麗なアクションとは打って変わり、力強い動きとムチ捌きで悪人を打ち据える怒りの化身である。

作中での活躍

本編での登場は第19話「怒り仮面登場!!」と第20話「怒り仮面の逆襲」の前後編のみ(当時コミックボンボンに連載されたコミカライズ版ではもう少し出番が多い)。

前編では小学生男児の連続誘拐事件を追う覇悪怒組が犯人の暗闇一族に捕まりそうになった際に、魔天郎が助太刀に参上。怒り仮面に変身して暗闇一族を蹴散らす。

後編では囚われた覇悪怒組(ヤスコを除く)やその他の子供たちを救うべく再び現れるが、暗闇一族の仕掛けた罠に掛かって奈落の底に落とされてしまう。さしもの怒り仮面も死んだかに思われたが、当然のごとく復活してヒロシの危機を救った。

実は一連の誘拐事件は、吉岡不動産会社の社長・吉岡作蔵が仕組んだことであった。吉岡にはかつて小学5年生になる一人息子・ミツルがいたが、自身の後継者とすべく厳しい英才教育を施した結果、父親からの過大な期待による重圧に耐えられなくなったミツルはビルから飛び降りて自ら命を絶ってしまう。
ミツルの死を認めきれない吉岡は、ミツルと同い年の少年たちを誘拐して、その中から一番優秀かつ強運を持つ少年を新たな後継者とすべく、危険な選抜試験を行い虐待していたのだった。
選抜試験の結果ヒロシが選ばれるが、後継者になることを拒否された吉岡は手下にヒロシを殺害するよう命じる。だがその時、再び怒り仮面が登場して吉岡と手下たちを制圧した。
怒り仮面は、ミツルを失った吉岡の悲しみに一定の理解を示すが、彼が自身の過大な期待で息子の心を押し潰して自殺に追い込んだことを全く反省せず、そればかりか他の家の子供をさらってミツルの身代わりにしようとした身勝手さを叱責した。

「子供には子供の夢を与えよ!大人の打算で子供を苦しめるなっ!」

そう言い放つと、怒り仮面は吉岡とその秘書2人をムチで打ち据え、「さらわれた子供たちの苦しみ」と「さらわれた子供たちの親の悲しみ」を思い知らせる
悪人たちを懲らしめた怒り仮面は怒りが収まったのか魔天郎の姿に戻り、そのまま気球に乗って夜空の彼方へと飛び去っていくのであった。

関連タグ

おもいっきり探偵団覇悪怒組

関連記事

親記事

おもいっきり探偵団覇悪怒組 おもいっきりたんていだんはあどぐみ

兄弟記事

コメント