ピクシブ百科事典

恐竜クライシス

きょうりゅうくらいしす

ハリー・アダム・ナイトによる1984年の恐竜小説。原題はCARNOSAUR、映画版は恐竜カルノザウルス、ダイナソークライシス。
目次[非表示]

概要

遺伝子操作により復活した恐竜とその恐竜による襲撃を描いた小説映画ジュラシック・パークの元ネタと断言されている小説である。

1984年と古い年代ながら最新の恐竜学説と恐竜の骨格から骨髄を抽出して鶏に埋め込んで産卵させ恐竜を誕生させるという「鳥は恐竜の子孫」という学説を取り入れている。残念ながら大人向けの性描写と残酷描写から大衆受けはしなかった。

ストーリー

田舎町のイギリスのある農家で農夫がある生物に惨殺される。若き新聞記者パスカルは事件を隠蔽しようとする貴族ペンワードを探り始める。


備考

映画ジュラシック・ワールド/炎の王国は大富豪の邸宅から恐竜が街に逃げ出すという酷似した内容である。

コメント