ピクシブ百科事典

新型メギド魔人

あらたなめぎどまじん

特撮番組『仮面ライダーセイバー』に登場する怪人の仮称(画像はイエティメギド)。
目次[非表示]

ストリウス「今回、目次録への扉が開いた事で多くの人間達がワンダーワールドと繋がりました。これで今までとは異なる方法で、さらに強力な本を創ることができます…」

注意
公式では「新たなメギド」と称されているが、劇中では特に区別して呼ばれていないため、本記事名はあくまで仮称であることに留意。

概要

仮面ライダーセイバー』第16章から登場する、新たなメギド魔人
目次録の影響でワンダーワールドが見えるようになった人間に対し、幹部が謎の白いアルターライドブックを埋め込むことで変身させる。ユーリ曰く、「人間をメギドに変える禁断の秘術によって生まれた存在」。

鎧のような容姿と共通した白いボディを持っている点は通常のメギド魔人と同じだが、本の意匠が表紙の開いた大きな1冊の本になっている差異がある。本にはカタカナを古代文字のように図案化したような文字が刻まれている。
変貌すると変身者のものとは異なる、独自の人格が生み出される。

往来のメギドは幹部から生み出された後、ワンダーワールドと現実世界を繋ぎ、誕生元のアルターブックに記された伝承に則った破壊活動を行うことでアルターブックを複写する必要があるが、こちらは「体内のアルターライドブックの完成の最優先」を主な行動原理としている。
宿主の大事にしている事柄や想いといったパーソナリティーの反映をはじめとした、一定条件を満たすことでアルターライドブックへの編纂を行い、メギドが行動を起こす度に体内の本は赤く染まっていき、まるで宿主の血肉を吸い取っているかのような描写となっている。

人間が変身しているため、下手をすれば変身者の命を奪いかねない厄介な相手であり、最終的にアルターライドブックが完成してしまうと、宿主となった人間は消滅してしまう二重の危機を抱えている。
メギドから排出された完成直後のアルターライドブックを破壊するか、仮面ライダー最光/光剛剣最光で斬るかのいずれかの方法で変身者とメギドを分離させることが可能。

第19章では、幹部メギドらがアルターライドブックを多数の人間に対し埋め込む描写が見られ、第21章では「多くの人が行方不明になっており、同時に怪物の目撃情報が見られた」という事が芽依によって語られている。
メギドの拠点に大量の真っ赤な大型アルターブックが確認できることから、飛羽真達の手の届かぬ間に大量の新たなメギドが生まれ、素体となった人間は消滅してしまった事が示唆されている。

一覧

ジャンル・幻獣

名称アルターライドブック変身者CV登場章
イエティメギド白雪イエティ白井ゆき羽多野渉第16~18章


ジャンル・物語

名称アルターライドブック変身者CV登場章
王様メギドはだしの王様来島慎吾緒方賢一第19、20章


全ジャンル

名称アルターライドブック変身者CV登場章
カリュブディスメギドカリュブディス伊本マミ/伊本レミ無し第21、22章


余談

人間が怪人に変貌もしくは変身するタイプは、人間態と怪人態を演者が兼任することが基本的に多いが、こちらは俳優と担当声優は明確に別になっている。

関連タグ

仮面ライダーセイバー メギド(仮面ライダーセイバー) 
アルターライドブック
 物語 魔人
ライダー怪人

イマジン:誕生方法は違うが、こちらも勝手な解釈で目を付けた人間の趣味や願いを勝手に実行するライダー怪人。

融合進化態:普通に倒せば、取り込まれている人間にも危険が及ぶライダー怪人繋がり。ただし、こちらは人間側の意識もある。

ドーパントゾディアーツアナザーライダーレイダー:アイテムで誕生させた人間ベースのライダー怪人繋がり。

マイナソー:プロデューサーが同じ『騎士竜戦隊リュウソウジャー』に登場する戦隊怪人。こちらも宿主にした人間の感情を反映した能力、行動原理で自らの目的達成の為に活動し、宿主の人間の命に関わる点も共通している。

マギア/レイダーメギド魔人/新型メギド魔人→???

関連記事

親記事

メギド魔人 めぎどまじん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「新型メギド魔人」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1175

コメント