ピクシブ百科事典

校条手鞠

めんじょうてまり

校条手鞠とは、サクセスによるゲーム「女子プロレス大戦リング☆ドリーム」に登場するキャラクター。
目次[非表示]

プロフィール

リングネームメンテ子→サンタ子→校条 手鞠
本名校条 手鞠
所属東京女子プロレス ヒール軍 "凶獣"
二つ名"癒しの工学娘"
出身地アマモシティ(メンテ子、サンタ子)→新潟県長岡市(校条 手鞠)
誕生日10月5日
身長158cm
体格ヘビー
属性アイドル
必殺技メンテナンスロック(メンテ子)、サンタクロース・ロック(サンタ子)、獄門・手鞠固め(校条 手鞠)
作家夜村シロ
CV吉成由貴


概要

東京女子プロレスヒール軍"凶獣"に所属する、現役女子高生レスラー。
天使のような微笑みで相棒のモンキーレンチをフルスイングする。
元はリングドリームが、同じサクセスのゲーム「メタルサーガ」とタイアップした際にコラボレスラーとして登場。工具(凶器)を扱うというところからヒール入りを果たす。
茶色のロングヘアーに茶色の瞳と、シンプルな容姿をしている。


主な活躍


メンテ子時代

当初は主だった活躍は無かったが、凶獣若手のNo.1を決める6人タッグの開催を
ナチュラルにハブられていたカース伏久から聞かされ、
伏久と同様に頭数に入っていなかった彼女は、「仲間はずれは、悲しいから」という理由から
同じ凶獣の大先輩である南城蛍に談判し、伏久と自身を強引にねじ込み8人タッグに変更する。
結果的に彼女は敗北を喫するが、一緒にねじ込んでもらった伏久の方がそのまま勝ち上がり、
凶獣若手No.1の座を手に入れた。

その後もストーリーでは度々伏久と絡み、ヤングドラゴン杯の予選最終戦では、
先に本線出場を確定させた伏久を持ち出し、「決勝でチームの先輩をひとりぼっちにさせない」と
意気込みを語り、見事本戦出場を果たした。

サンタ子時代

「お前は第一段階としてメンテ子から……サンタ子になるのだ!」

メタルサーガ新作にメンテ子が登場しないということもあって、
リングネームを本名へ変更することになったメンテ子。
その前準備としてクリスマスキャンペーンレスラーに抜擢される。
同じくキャンペーンに選ばれたキャリア赤城とともに役目を果たして見せるものの、
キャンペーン後も本名に変わることはなく、一ノ瀬栞から「高校三年に上がったら改名する」
といわれ、およそ三ヵ月の待ちぼうけを食らうこととなった。

「その名前、もう確定なんですか!?」

現在

高二の三学期が終わり、無事に校条手鞠へと転生。
本名となってからも工学好きは変わらず、相棒をぶん回している。
また、本名となってからは同じ学生レスラーの
日向ひまわりとの絡みが多くなる。
一緒に牛丼屋で食事をしたり、新しいモンキーレンチを買いに行ったりと、
校条曰く「女子高生らしい」付き合いをしている。
必殺技の獄門・手鞠固めは、フロント・チョークスリーパーに胴締めを加えたもの。

秘めた狂気

工具を振り回すレスラーということもあって、言動の端々からある種の"狂気"が漏れ出している。

例)

 「自分は誰に襲いかかれば」と友野なるみに相談する。

  • 佐和むつみとの戦前、佐和から「フルスイングは勘弁」と言われていたにも関わらず、
 フィニッシュとしてフルスイングを決める。

  • 「凶器の練習」として、ひまわりを練習台にフルスイングをぶち込む。
 (対価として彼女の技も受けている。)

余談

工業高校に通い、護身術部に所属している校条。
メタルサーガタイアップに際し、「工学に造詣深く、それなりに体の動かせる人材」として
スカウトされたが、実はその護身術部のコーチが東女出身であり、その筋でスカウトされた模様。

関連イラスト

メンテ子


前三角絞め
はっぴぃ・ばれんたいん♪



関連項目

リング☆ドリーム
メタルサーガ
日向ひまわり(リンドリ)

pixivに投稿された作品 pixivで「校条手鞠」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1879

コメント