ピクシブ百科事典

歴代ローマ皇帝(ヘタリア)

しじつとはちょっとちがいます

『Axis Powers ヘタリア』及び『ヘタリア World☆Stars』に登場する歴代のローマ皇帝の皆さんのことである。
目次[非表示]

ちなみに全員オーパーツが使えるらしい。
例:ネロちゃんのギター、クラウディウスさんの眼鏡など。
史実については、歴代ローマ皇帝へ。

歴代皇帝の一覧

『ユリウス・クラウディウス朝(5代.111年)』


アウグストゥスさん


パクスロマーナをもたらした切れ者皇帝。
ズボン愛好家の寒がりイケメン。
大変人気があった皇帝。
初代皇帝にもかかわらず、庶民派な生活を続けた。
でも戦うのは意外にも苦手で暑いのや寒いの、日光も苦手。
幼馴染が頼りがいあり過ぎて逆に困る系チート。

威圧いログ


でかくてごつくて胸板厚くて色白で、それでいてしゃべり下手。
不器用だったが真面目で堅忍不抜の彼は、引きこもって雑音をシャットアウトしながら、こつこつと政治に打ち込み、ローマ帝国の安定を図った。
アウグストゥスの政策を完成させたのは、彼だといわれている。
ただ、超暗くて人気取りなんかも全然しなかったので、全ローマから恐怖!近づくと噛み付く凶暴ごつごつ皇帝だと誤解されたままだった。


悲劇の王子様から皇帝になった、長身ひょろい系男子。
寝不足気味で、青白い顔をしていたらしい。
ぶっ倒れて生死の境をさまよい、性格が変わってしまった(くるんがとれた)。
その後大好きな馬を重役にしようとするとか、宮殿内にエッチなお店をオープンさせたとか、とんでもない暴君伝説が残るが、実際そこまでやってないらしい。
ティベリウスが財政改革で残した莫大なお金を一人で使っちゃったことは確かである。

  • 4代目 クラウディウス
長い人生のほとんどを、歴史の研究に費やした研究者皇帝。
まさか自分が皇帝になるなんて思ってもみなかった。
歴史の研究に打ち込んでいただけあって、インフラの整備やローマ帝国の拡大など、すごいことをやってのける。
弱そうに見えて意外に変なところでタフな歴史オタ、クラウディウスさん。
でも地味すぎて、評価されないどころか、古いローマ本だと無能扱いされることしばしば・・・。
ティベリウスとは微妙な間柄で、カリグラの暇つぶしのおもちゃにされていた。
ちなみにメガネキャラ。

(仮)


ギリシャの文化や芸術が好きで、本当は文科系のお仕事がしたかった。
目立ちたがり屋で傷つきやすく、自作のポエムをけなされるのが、一番ダメージ受けるタイプ。
彼女には振り回されたいほう。

〈四皇帝の年〉

  • 6代目 ガルバ
  • 7代目 オト
  • 8代目 ウィテリウス


『フラウィウス朝(3代.27年)』

  • 9代目 ウェスパシアヌス
  • 10代目 ティトゥス
  • 11代目 ドミティアヌス


『ネルウァ=アントニヌス朝(五賢帝)6人.96年』

  • 17代目 コンモドゥス

記念硬貨で自分の権力を示していた皇帝の一人。
ヘッドホン(オーパーツ)がトレードマーク

『五皇帝の年』

  • 19代目 ディディウス・ユリアヌス

「へー、今ならオクで皇帝の座が買えるんですね。じゃあお金もあるし買ってみますか^o^」
って皇帝の座を蹴り落として皇帝になった皇帝。
エリート中のエリートで地方では人気があり、貧しい人に助成金分配をするような人だったんだけど、どうにも今で言うEBayやヤフオクで皇帝の座を買った男って言うのは評判が悪く、即効で歴史の闇に葬られることになってしまった。
「私悪いことしてないじゃないですか・・・。私ほら、誰もやってませんよね・・・(´;ω;`)」
と言い残したとかないとか。

『へリオガバルス・セウェルス朝(2代.12年)』

へりおがばるすちゃん


おばあちゃんが権力握りたいがために、担ぎ出された14歳。
好きなものはお花と黒い石。あとイケメン。
男の娘皇帝。いろいろやばい伝説が残るが、伝説に残っているほど酷いことはしていないよう。
(夜の生活はやばかったのは本当らしい)

『軍人皇帝(3世紀の内乱)39人.47年』

  • 25代目  マクシミヌス・トラクス

ローマ皇帝の中でダントツで大きかった。
250センチあったとか・・・。

  • 26代目 ゴルディアヌス1世
26代目 ゴルディアヌス2世
ドラクエ2をリアルでやった皇帝一家

  • 27代目 バルビヌス
27代目 プピエヌス
仲悪すぎて会うとケンカばっかりしてた二人組。
文化系愛嬌皇帝バルビヌスが褒められキャラだったせいで
地味系ぶつくさ皇帝プピエヌスは相方よりは皇帝業がんばったのに
歴史書く人に「バルビヌスかっこいい!バル様愛されてる!
プピエヌス?なんかしたっけ?ああ、戦場行って戻ってきた」的な扱いを受ける。
とにかくコンビで皇帝やってる最中はケンカばっかりしてた。

  • 34代目 ウァレリアヌス
皇帝から奴隷になったローマ史上かなりレアな皇帝。
由緒ある家のお坊ちゃんから皇帝になったが、ペルシアとの戦いの最中に捕獲され、奴隷として過ごす羽目に。
彼がどうなったのか憶測を呼び、ペルシアの王様の馬に乗るときの足台にされたとか、やばい遊びに使われた、ネタで殺されたとか、悲惨な皇帝怪談として語り継がれることになった。
が、実際はそこそこの好待遇をされてたらしく、近年じゃむしろ、ウァレリアヌスとペルシアの王様は仲良かった説もちょくちょくささやかれている。

  • 36代目 クラウディウス・ゴティクス
クィンティッルスの兄ちゃんで、苦しいローマ事情にもかかわらず、
頑張ってローマを守った軍人皇帝。
れっきとしたローマ英雄皇帝の一人。
・・・なんだけど、作り話のせいで、
毎年2月14日近辺になると、
罵声を浴びせられるかわいそうな人。
結婚を禁止してもいなければ、宗教に関しても割りとゆるい皇帝。
身体能力が歴代皇帝の中でも高いほうで、皇帝本人が超強い。
ちょくちょくクラウディウス2世と書かれる事があるが、眼鏡のクラウディウスさんとはあまり関係ない。

  • 37代目 クィンティッルス

クィンちゃん


生きてる最中から記録がめちゃくちゃすぎて、
あっちで即位したと思ったら、こっちで即位して、
あっちで軍に暗殺されたような気がしたんだけど、こっちで次の皇帝に暗殺されて、
と思ったら、そっちは鋭利な道具で自害して、歴史書く人もなんかめんどくさくなったのか、
「よくわかんないけど死んだ」と超投げやりに記されたりして、何回か即位して、何回か死んでる超時空皇帝。
もしかしたら、あなたの近所に住んでいるかもしれない・・・。←なにこれこわい

  • 38代目 アウレリアヌス
最低ランクの一兵士から皇帝になったといわれている。
ばらばらだったローマを纏めたすごい人。

  • 41代目 プロブス
戦争続きで疲労気味だったローマ帝国の国内を立て直すため、
戦ってない時の兵士を有効活用してブドウ畑や防壁を作ったり、
町を建て直したり、橋を作ったりさせた。
比較的身長が高めの人物で構成された軍隊の中では、身長は低めと書き残されており、
残っている像とコインは垂れ眉さん。
シャイで自分の考えをめったに口出しせず、代わりにローマ爺ちゃんが命令を出していた。

  • 44代目 ヌメリアヌス
博学なポエム系雄弁家皇帝。
お兄ちゃん(カリヌス)と一緒に皇帝になった。
きのこ眼帯もかわいいかもしれない。
日本語が勉強できる海外のサイトでは、なぜか
きのこの画像がヌメリアヌスと紹介される。
他の皇帝が全員胸像写真なのにヌメリアヌスだけきのこ画像。
なのでモチーフがきのこ。

『テトラルキア時代(四分割統治時代)』(284~324.34年〉
<東方正帝>
  • 東初代 ディオクレティアヌス
解放奴隷の家系から、皇帝になった珍しいケース。
軍人として活躍するも、解放奴隷の家系の出身だったので、周りのよい家柄の奴に結構茶化されたらしい。
戦いで功績をあげて、皇帝に推される。
生涯皇帝をや(らされ)るやつが多い中、「そろそろ年だし皇帝引退するわ」と隠居生活に入って老後をエンジョイしたローマでもかなりまれな皇帝。
最初から最後まで例外尽くし。

<西方正帝>
  • 西4代目マクセンティウス
人生丸ごと実際と違う!っていうかわいそうな皇帝。
まったくやってない悪行伝説の数々を追加され、コンスタンティヌス様の聖なるぷわーぱわーによって倒される、極悪皇帝扱いされる。
人生すべてを書き換えられたため、1700年間悪帝として語られることになってしまった、ローマの吉良上野介さん。
今までのイメージの姿では、「ほんにょめー」と鳴くスイーツモンスターとして描かれている。

『コンスタンティヌス朝(7代.31年)』

  • 48代目 コンスタンティヌス2世

48代目 コンスタンティウス2世
48代目 コンスタンス1世
ローマ帝国を仲良く統治する三兄弟皇帝
長男コンスタンティヌス2世がゴティクスのファン
(もっと増える?)

関連タグ

APH一般人シリーズ ローマ爺ちゃん ヘタリアWorld☆Stars ヘタリア
ローマ皇帝図鑑・・・彼らに付くタグの中で一般的なもの。

pixivに投稿された作品 pixivで「歴代ローマ皇帝(ヘタリア)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7390

コメント