ピクシブ百科事典

沖田仁美

おきたひとみ

沖田仁美とは踊る大捜査線の登場人物である。

演:真矢みき

概要

警視庁刑事部捜査第一課第二強行犯捜査管理官・警視正 → 警察庁組織改革審議委員会 委員・警視長 。
昭和43年1月31日生まれ。A型(※月日は真矢本人と同じ)。
本籍・大阪府。自宅は警察庁宿舎。
最終学歴・東京大学法学部卒業。
『THE MOVIE 2』で初登場。警視庁総務部広報課を利用して自身を上層部に売り込み、女性初の刑事部管理官となる。
台場役員連続殺人事件合同捜査本部長として事件解決を目指し、更なる出世のためいつも広報のカメラを引き連れている。典型的な本庁寄りの考えを持ち、登場時には青島に対して「事件は会議室で起きている」と言い、事件は現場で起きていると言った青島の考えを真っ向から否定した。
監視モニターの監視役として室井が青島と恩田に監視員を務めさせるが上手く使えず、二人を監視員に選んだ選択責任で沖田は室井に監視員にと間接強制的に命令した。
所轄の捜査員を「使いっ走り」「消耗品」と見下すだけでなく、自分の手を汚さない自己保身を最優先する指示や自身の権威最優先の指示(「自身が命令を下すまで捜査員は行動するな」等)ばかりを出したために犯人を逃してしまった上、捜査員(すみれ)に重傷を負わせてしまう。ただし、湾岸署の署員らのある意味「勝手な行動」でSATの行動が阻害されたのも事実。上記のすみれが重傷を負ったのも所轄捜査員が待機命令を無視したため。事態の対処を図るべく広域警戒警備第2波の指示を出そうとするが、パニック状態であることは一目瞭然であり、その状態でさらに所轄捜査員だけでなく自身の直属の部下であるはずの本庁捜査員をも消耗品扱いする内容の発言をしたことで、捜査本部の全捜査員から不満と不信を買ってしまい、新城補佐官の本庁への進言により本部長を解任された。この後任本部長には、捜査副本部長の室井がつく事になり事件を解決へと導いた。常に変化する現場の状況を全く想定していない指示しか出せないことなどから現場経験がないことがわかる。
以上のように管理官となった直後の『THE MOVIE 2』においては、出世や権力への執着心と自身の地位に対するプライドが異常に高い人物だったが、この台場役員連続殺人事件の後に開かれた査問会で室井慎次が沖田を守ったため、それ以降は室井のシンパとなり、『容疑者 室井慎次』では新城とともに室井の窮地を救うべく尽力する(ただし、これらは映像には無く裏設定である)。
『弁護士 灰島秀樹』では、殺人事件の調査中に室井の事件の際に面識のあった灰島秀樹と偶然再会。灰島から被疑者のヒントを貰う見返りとして、博覧会計画反対運動を巡る陰謀の情報を灰島に提供する。
『THE FINAL』のラストで室井、新城とともに現職は不明だが、階級は警視長、警察庁組織改革審議委員会 委員に任ぜられている。
(Wikipediaより抜粋)

関連タグ

踊る大捜査線 室井慎次 新城賢太郎

pixivに投稿された作品 pixivで「沖田仁美」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 32

コメント