ピクシブ百科事典

泉田準一郎

いずみだじゅんいちろう

泉田準一郎とは、「薬師寺涼子の怪奇事件簿」のキャラクター。

CV:木内秀信(アニメ版)井上和彦(ドラマCD版)

概要

警視庁刑事部参事官付の警部補で、薬師寺涼子の部下。一連の物語の語り手でもある。33歳。
過去に薬師寺涼子の新人研修を担当して比較的上手くやっていたことが災いして、警察上層部から薬師寺涼子の部下として半ば強制的に現在の部署へ異動した。30代前半にして警部補であり、ノンキャリアとしてはかなり優秀(実際に優秀さを見込まれてSPへの転属話もあったが、有能な部下として手元に置いておきたい涼子と涼子のお守りがいなくなると困る上層部によって立ち消えにされた)。

本人は常識人のつもりだが、段々と薬師寺涼子に感化されてか、時折さらっと毒のある発言をすることもあり、その度に落ち込んでいる。

私大の英文科卒。英文科へ行ったのは「海外のミステリー小説を原文で読みたかったから」であり、警察官になったのは「海外ミステリー小説を読みすぎて感化された為」である。

涼子のお供で怪物や超自然現象を目の当たりにしてもパニックになることはあまりないが、ミミズや蛇、といった「足の無い生物」が大の苦手。とある事件で地下へ潜った際、ミミズの大群に遭遇し、我を忘れてその場にいた涼子と由紀子を両脇に抱え上げて、一目散に遁走。その間の記憶を完全になくしているほど。

基本的に善良で職務に忠実な公務員の鏡(と涼子にからかわれる)だが、女心の機微に疎く(涼子曰く「ヤボテン」)、ケガをした時に室町由紀子に巻いてもらったハンカチを「洗って返します」と由紀子に言って涼子に「新しいのを買って返してやりなさいよ」とツッコまれたり、交際していた女性が見た目を気にして、ゆで卵と野菜とウーロン茶しか口にしなくなったのを見かねて「何でそんなに痩せようとするんだ」と直に言って振られたと本人が語っている。

名前の由来は兄がいたが死産であり、次男だが長男に準じる、という意味で「準一郎」と名付けられた。


関連タグ

薬師寺涼子の怪奇事件簿

関連記事

親記事

薬師寺涼子の怪奇事件簿 やくしじりょうこのかいきじけんぼ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「泉田準一郎」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 8319

コメント