ピクシブ百科事典

薬師寺涼子

やくしじりょうこ

薬師寺涼子とは、「薬師寺涼子の怪奇事件簿」の主人公。
目次[非表示]

「神は恐れなくていいから、私を恐れなさい!」

CV:生天目仁美(アニメ版)
CV:川上とも子(ドラマCD版)

概要

警視庁刑事部参事官の警視にして、アジア最大の警備会社JACESの社長令嬢。27歳。誰が呼んだか、通称「ドラよけ(ドラキュラも避けて通る)お涼」。

東大法学部卒、国際刑事警察機構(ICPO)出向の経歴もあり、語学も堪能(英語は勿論のこと、ICPOに出向していた経験からフランス語もペラペラ、スペイン語、イタリア語、ポルトガル語も不自由しない程度には喋れる。何故なら最初にラテン語を覚えたから。後は全てラテン語の派生言語であり、文法も単語もよく似ているから楽に習得できた、とのこと。それに対して泉田は「ラテン語を覚えるのがそもそも大変じゃないですか」とツッコんでいるが、「だからこそ一番最初に覚えるのよ」と返している)。

格闘技についても実戦でほとんど負けたことが無い。唯一の苦手は料理だが(ゆで卵くらいしかまともに作れない。一度トルコの宮廷料理に挑戦し、泉田にふるまったことがあるが、食べた泉田の感想は『胃と舌に対する拷問』)、シェフに作らせればいいと思っているので弱みではない。容姿・頭脳・運動神経・財力とどこをとっても完璧だが、良識と協調心のみ欠如したところがある。基本的にドS
忠実な下僕(?)である泉田君に気があるようだが、表立って表現しない所はツンデレ属性の様である。

エピソード

作者の田中芳樹いわく、お涼をこんな性格にした理由は『昔のハリウッド映画みたいに「キャーキャー!」言ってるだけで主人公一行の確実なお荷物になっているヒロインが嫌いだった』ことから、そのアンチテーゼ--前者を受動的で前近代的なずるい女』(本人が上げた例で、初期のレイア姫のような)とするならばそれにお涼を『近代女性な性格』『積極的かつ近代的で正々堂々とした現代女性のあるべき姿』…してキャラ付けしたとしている。
ある意味では田中芳樹の理想の女性像でもあり、本人の思い入れも深い様子である。

  • ただし…
あまりに作中で気持ち良く暴れてくれる&作者の日頃の鬱憤を発散させてくれるキャラクターな為か、お涼の評判が不動になって以降、田中の他作品の女性キャラクターにも彼女の性格に変な形で似通った人物が多数登場するようになり、ストーリーのバランスの観点から一部読者からは難色を示されている。



関連イラスト

薬師寺涼子
行くわよ、泉田君



関連タグ

薬師寺涼子の怪奇事件簿 泉田準一郎 室町由紀子 高飛車

関連記事

親記事

薬師寺涼子の怪奇事件簿 やくしじりょうこのかいきじけんぼ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「薬師寺涼子」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 45146

コメント