ピクシブ百科事典

波号潜水艦

はごうせんすいかん

波号潜水艦とは、大日本帝国海軍が運用していた潜水艦のカテゴリーの一つ。
目次[非表示]

概要

波号潜水艦とは大日本帝国海軍(以下日本海軍)が運用していた潜水艦の大分類における、基準排水量500トン未満の二等潜水艦・三等潜水艦のこと。
日本海軍は排水量別にランク分けし、排水量が大きい順に上からイロハでクラス分けした。
他、排水量1,000トン以上の潜水艦を伊号潜水艦、排水量500トン以上1,000トン未満の潜水艦は呂号潜水艦とされた。

アメリカ海軍や戦後の後継組織・海上自衛隊の潜水艦と違い、艦固有の名称は付与されず、ドイツ海軍の潜水艦同様番号で呼ばれている。


分類

波号潜水艦の代表的なものは、潜輸小型潜高小型であるが、経緯別に分類してみる。
ただし、波号読みではないホランド型ホランド改型第七十一号艦も紹介するが、排水量から見て波号クラスの潜水艦なので、一緒に掲載する。

輸入組 「ホランド型」「ホランド改型」「C1型」「C2型」「C3型」「S型

時は明治後期の日露戦争の頃、ロシアが潜水艦を所有しているという情報が入り、日本海軍は潜水艦を発注することになった。この事が日本海軍初の潜水艦所有するきっかけとなった。 
日本海軍初の潜水艦として発注されたのは、当時各国で採用されていたアメリカ エレクトリック・ボート社のホランド級潜水艦で、日本ではホランド型潜水艦として導入された(ただし、導入当時は潜水艦ではなく潜水挺としていた)。 続いてホランド級潜水艦の製造権を取得すると、ホランド改型潜水艦を建造。 これが日本初の潜水艦建造となった。
ホランド系列の後に輸入されたのは、イギリス ヴィッカース社製のC1型潜水艦で、ホランド級潜水艦を参考に発展した潜水艦で、ホランド型に比べ性能も良くなっていた。 その後、船殻のみを日本で作ったC2型潜水艦とさらに強化したC3型潜水艦へと発展した。
また、フランス シュネデール社製のS型潜水艦も輸入。 この型は、複殻式船殻を採用しており、以降の日本海軍の伊号潜水艦にも複殻式船殻が採用された。
C3型潜水艦波号第八潜水艦建造後、波号潜水艦はしばらく建造されなかった。

日本初設計潜水艦 「川崎型

波号潜水艦を輸入していた頃、C1型潜水艦C2型潜水艦の比較研究のために 日本が初めて設計した潜水艦川崎型潜水艦であった。
結果は、速力・航続力などで劣っていることが分かり、しばらくは、海外から輸入した潜水艦研究することとなった。

実験潜水艦 「仮称第七十一号艦

1938年竣工の仮称第七十一号艦は、離島防御用の潜水艦として試作された。 
海上公試では、当初搭載する予定だった主機が輸入できなかったため、性能が低い国産品で代用したため、予定していた速力を出せなかった。
しかし、従来の諸外国の潜水艦の速力を基準としてみると、圧倒的に速く、決して悪い性能ではなかった。
実験が何度も行われ、日本に水中高速航走に関する貴重な経験資料となり、設計は後に作られる潜高型潜高小型の設計に生かされることとなった。

戦時急造組 「潜輸小型」「潜高小型

波号潜水艦が再び竣工したのは、波号第八潜水艦の竣工した1917年から25年以上たった第二次世界大戦終盤の1944年のことであった。
先に竣工したのは潜輸小型であった。武装は機銃のみで、近海での輸送任務・哨戒任務・蛟龍母艦に使用された。
遅れて1945年潜高小型が竣工。上記の実験潜水艦でも述べた通り、仮称第七十一号艦の設計を生かして作られた、量産が効く小型な水中高速性能を重視した潜水艦であった。 

関連タグ

大日本帝国海軍 潜水艦
日本の潜水艦
伊号潜水艦 呂号潜水艦 波号潜水艦

関連記事

親記事

日本の潜水艦 にほんのせんすいかん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「波号潜水艦」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 258

コメント