ピクシブ百科事典

源博雅

みなもとひろまさ

平安時代中期の公卿・雅楽家

概要

延喜18年(918年)
天元3年9月28日(980年11月8日)
醍醐天皇の孫で兵部卿・克明親王の長男である。官位は従三位・皇后宮権大夫。博雅三位(はくがのさんみ)、長秋卿と呼ばれる。管弦の名手。

「天徳四年内裏歌合」に講師として参加し、歌を詠ずる役であったが、天皇の前で緊張してしまい、出されていた歌題とは異なる歌を読んでしまうという失敗をした。
羅城門に棲む鬼と交換する形で名笛「葉二」を得た話や、琵琶の名器「玄象」を羅城門から探し、逢坂の蝉丸のもとに3年間通いつづけて遂に琵琶の秘曲「流泉」と「啄木」を伝授されるなど、今昔物語などの多くの説話に登場する。
また、酒に強く、酒豪であったともいわれている。

現代では夢枕獏氏の作品や映画などから、晴明の親友であり相棒というイメージが強い。

関連タグ

平安時代 安倍晴明 陰陽師(小説)
源博雅(阴阳师):ソーシャルゲーム「陰陽師」のキャラクター

pixivに投稿された作品 pixivで「源博雅」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1204208

コメント